中央大学学術シンポジウム研究叢書<br> グローバリゼーションと東アジア

個数:

中央大学学術シンポジウム研究叢書
グローバリゼーションと東アジア

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805761519
  • NDC分類 302.2
  • Cコード C3335

内容説明

2002年12月に「東アジアとグローバリゼーション」という統一テーマで開催された第19回中央大学学術シンポジウムにおける報告と討論ならびにシンポジウムに至るまでの研究活動の成果を取りまとめたものである。

目次

グローバリゼーションが問いかけるもの
第1部 グローバリゼーションの理論的課題(グローバリゼーション―理論的な諸問題;グローバリゼーションの経済学問題 ほか)
第2部 東アジアの経済発展と経済問題(アジアの通貨危機と経済発展への影響;東アジアのグローバリゼーションと日本の共生の方向―東アジア経済・通貨圏と経営管理方式の移転の視点から ほか)
第3部 アジアのリージョナリズム(東アジアの経験―地域化・その過程、構想、成果;アジア太平洋地域の環境ガバナンス)
第4部 文化:接触・対立・融合・共存(グローバリゼーションと企業内文化摩擦―日系企業における「文化的媒介者」の存在を中心に;グローバリゼーションと文化変動―現代台湾の事例 ほか)

著者等紹介

川崎嘉元[カワサキヨシモト]
中央大学文学部教授、中央大学社会科学研究所所長

滝田賢治[タキタケンジ]
中央大学法学部教授、中央大学政策文化研究所所長

園田茂人[ソノダシゲト]
中央大学文学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。