中央大学政策文化総合研究所研究叢書<br> ユーラシアにおける移動・交流と社会・文化変容

個数:

中央大学政策文化総合研究所研究叢書
ユーラシアにおける移動・交流と社会・文化変容

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805714294
  • NDC分類 302.2
  • Cコード C3336

目次

第1部 現代における政治情勢と社会変動(内戦と文化政策―1980年代カンプチア人民共和国の「文化財保護法」の分析を中心に;中国‐中央アジア関係にみる安全保障‐経済開発のネクサス―新疆の反テロ政策を事例として;上海の老猫と尺八の青年―コロナと恐怖、そしてわかり合えない中国・香港・台湾のこと)
第2部 近代における移動・交流と社会・文化変容(小説の中の白系ロシア人と日本人との結婚―「満洲国」の枠組みの中で;極東と新疆へのテュルク・タタール系移住者による1920~40年代の教科書出版―比較から浮かび上がる特徴)
第3部 政治と文化の歴史的諸相(新疆ホタンにおける清軍の到来と有力者の対応―ジャハーンギールの侵入事件(1826~1827年)におけるホタンのベクやアホンの動向を中心として
中国新疆のイリ地域におけるウイグル族の「歴史歌謡」について)

著者等紹介

新免康[シンメンヤスシ]
中央大学政策文化総合研究所研究員・中央大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。