ケプラー疑惑―ティコ・ブラーエの死の謎と盗まれた観測記録

個数:

ケプラー疑惑―ティコ・ブラーエの死の謎と盗まれた観測記録

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784805207765
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C3044

内容説明

ティコ・ブラーエの助手となったケプラーは、ティコの40年間にわたる精密な観測データを手に入れたかったが、ティコはそれを決してケプラーに渡さなかった。自らの理論の証明にどうしてもそのデータが必要だったケプラーは、再三、それを手に入れようと企てたがかなわず、ついに…。最新のPIXE(粒子線励起X染分析)技術は、ティコの毛髪中に含まれる水銀などの元素量の変化を、彼の死にいたる最後の74時間について明らかにしている。本書は、ティコの突然の死の謎を明らかにするとともに、彼の科学史上の役割を再評価している。

目次

科学革命に隠れた殺人
葬送
ケプラーの惨めな生い立ち
チュービンゲン大学からの放逐
ティコの天体観測
錬金術
爆発する星
ティコ・ブラーエの島
ティコの宇宙体系
国外追放〔ほか〕

著者等紹介

ギルダー,ジョシュア[ギルダー,ジョシュア][Gilder,Joshua]
1954年、ワシントンDC生まれ。サラ・ローレンス・カレッジでの専攻は記号論理学で、北アメリカ北西海岸の先住民クワキウトゥル族の儀式であるポトラッチの研究でB.A.を取得。その後、雑誌のライターとなり、レーガン大統領のスピーチライターを務め、ショージH.W.ブッシュ大統領のもとでは人権問題担当国務事務次官補を務めた

ギルダー,アン‐リー[ギルダー,アンリー][Gilder,Anne‐Lee]
ジャーナリスト

山越幸江[ヤマコシユキエ]
翻訳家。主に科学技術関係の翻訳に従事。1966年、聖心女子大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

K K

4
これはすごい!ケプラーの法則、誰しも耳にしたことがあると思いますが、彼が師であったブラーエを水銀で毒殺していた可能性があることを400年後に暴いたとは、、! 二人の天才の数奇な運命。なんとも切ない。 ブラーエの言葉がいい。 いつも天に想いを馳せていたが、二人はついに真から友情を得ることはなかったのですね。 『どこに行っても地は下に天は上に存在する。やる気のある人間はどこにいてもそこが祖国になる。』2018/03/11

naoto

1
描かれてるケプラーがクズ過ぎてちょっと信憑性がないような気がしてる。いろいろ調べてこういう書き方になったんだろうけど。ま、いろいろ他にも読んでみよう。水銀が、純粋なものだと害がないってのは知らなかったな。2018/05/29

ピエール

1
ケプラーの法則は高校で習いましたが、実はこれがニュートン力学が作られる基礎になったということは、最近まで知りませんでした(ニュートンがリンゴを見ながら勝手に作ったと思っておった)。ケプラーの原書は、「宇宙はこのように美しく形成されていなければならないはずだ」というところからスタートしていて、占星術と物理の中間程度の怪しげな書物です。そこに殺人まで犯して手に入れたティコ・ブラーエの観測データが利用されてようやく少し科学らしくなっています。原書「宇宙の調和」読んでみましたが、付いていけませんでした。2013/10/10

島袋 祐次

1
高校の教科書には出てこないティコブラーエやケプラーの性格や有名な水銀中毒の事件等を知ることができて面白かったです。実験を重視する今の科学の考え方の土台がこの頃から出来始めたんだなぁ。2013/04/20

桜子

1
大胆な推理。少し専門的な話になると時々ついていけなかったのが悲しい。勉強不足…。2009/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/94139
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。