叢書「21世紀の国際環境と日本」<br> 冷戦の終焉と日本外交―鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書「21世紀の国際環境と日本」
冷戦の終焉と日本外交―鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年12月19日 03時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 722p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805111130
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C1331

内容説明

経済摩擦、歴史認識問題、そして冷戦の終焉。1980年代日本外交の達成と蹉跌からいま我々は何を学ぶか―。

目次

戦後日本外交における一九八〇年代
第1部 「西側の一員」路線への試行錯誤―一九八〇~八二年“鈴木善幸政権期”(主体的外交への努力とその限界;新冷戦下の対中ソ外交と対米・対韓関係の調整)
第2部 「西側の一員」外交の展開―一九八三~八四年“中曽根康弘政権・前期”(自由主義陣営諸国との連帯強化;日中・日韓関係の進展とソ連との関係調整)
第3部 新冷戦から新デタントへの移行と中曽根外交―一九八五~八七年“中曽根康弘政権・後期”(三つの課題を求めて―日米摩擦・対ソ関係・戦後政治の総決算;中曽根外交のかげり―短すぎた続投期間)
第4部 冷戦の終焉と新たな日本外交の模索―一九八八~八九年“竹下登政権期”(内政志向型政治家による外交;冷戦終結過程の国際環境と流動化する日本政治)

著者紹介

若月秀和[ワカツキヒデカズ]
北海学園大学法学部教授。1970年生まれ。1988年千葉市立千葉高等学校卒業。1993年同志社大学法学部政治学科卒業、2002年立教大学大学院法学研究科博士課程修了、博士(政治学)を取得。立教大学法学部助手、北海学園大学法学部専任講師、同准教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)