技術者のためのマーケティング―顧客価値の構想と戦略

個数:

技術者のためのマーケティング―顧客価値の構想と戦略

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2017年05月24日 01時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784805111055
  • NDC分類 675

目次

イントロダクション なぜ技術者にマーケティングか?
第1章 技術者とマーケティング
第2章 顧客視点になるための「コト発想」
第3章 「コト発想」の展開
第4章 顧客価値を「探す」
第5章 顧客価値を定める―「コンセプト」づくり
第6章 価値を「守る」
第7章 ライバルからマネされない
第8章 価値を探し、定め、そして守る

著者紹介

谷地弘安[ヤチヒロヤス]
横浜国立大学大学院教授。1991年、学習院大学卒業。1997年、神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。1997年、横浜国立大学専任講師。1998年、同助教授。2000年、ニューヨーク市立大学大学院客員。2002年、一橋大学大学院客員。2012年~、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

多くの企業が、優れた技術を収益につなげられずに苦慮している。その打開策の1つが、技術者のマーケティング思考の向上である。▼技術者(=企業で研究・開発を担当するエンジニア)が優れた技術・製品を開発しようとも、事業・営業セクションを説得できなければ、技術は商品化されず「死の谷」に落ちてしまう。▼あるいは技術による差別化は、すぐに追随するライバルを生み出し、熾烈な価格競争によって、収益どころか多大な損失を被る例すらある。▼では、技術者はどのようにして開発する商品に顧客価値を創出し、収益に貢献できるのか。「MOV」というフレームワークから解説する。

イントロダクション なぜ技術者にマーケティングか?
第1章 技術者とマーケティング/第2章 顧客視点になるための「コト発想」
第3章 「コト発想」の展開/第4章 顧客価値を「探す」
第5章 顧客価値を定める――コンセプトづくり/第6章 価値を「守る」
第7章 ライバルからマネされない/第8章 価値を探し、定め、そして守る

谷地 弘安[ヤチヒロヤス]
横浜国立大学大学院教授
主著に、『「コト発想」からの価値づくり』2012年刊などがある。