ファシストの戦争―世界史的文脈で読むエチオピア戦争

個数:
  • ポイントキャンペーン

ファシストの戦争―世界史的文脈で読むエチオピア戦争

  • 石田 憲【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 千倉書房(2011/10発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 64pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 03時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784805109809
  • NDC分類 245.1
  • Cコード C1020

出版社内容情報

ドイツと共に第二次大戦のパートナーだったイタリア。知られざる彼らの戦史を、強烈すぎるファシストたちの群像劇として描く。

【著者紹介】
1959年東京生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了後、東京大学助手、大阪市立大学助教授、千葉大学助教授を経て、2000年に同教授

目次

第1章 サブリーダーたちの戦争(幽閉中の「副王」たち;「生死の境に生きる」ファシスト;「文明」を伝播する司令官)
第2章 幻の国際義勇軍(「帝国の亡霊」;「異形の人々」;「未来の同盟者」)
第3章 文学から見た戦争―エチオピア戦争と日中戦争をめぐって(新たなる解放の夢;戦場と本国の間;同質化から離れて)

著者等紹介

石田憲[イシダケン]
千葉大学法経学部教授。1959年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(法学)。専攻、政治学(国際政治史・比較対外政策)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

unpyou

2
ファシスト・イタリアによるエチオピア侵略戦争を素材に、イタリア現代史上の意義、国際政治史上の影響、文学表現にみる日中戦争との比較の3視点から論じる論文集。人口増大に悩む後発の帝国主義国家による植民地獲得戦争という意味において、帝国日本における満州・北支侵略とイタリアにおけるエチオピア侵略は近いものがあるが、実態としての差異を見ることで色々と興味深い知見を拾う事ができる。エチオピアは日本と同じ二千年帝国なりとして、頭山満ら右翼の一党がエチオピア同情論を掲げ反イタリア義勇兵を立ち上げようとした逸話等も面白い。2015/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4259798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。