日米同盟というリアリズム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 274p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784805108840
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C3031

内容説明

外交政策から戦後の日米関係を通観し、いま同盟国に求められる覚悟を問う。

目次

第1章 日米関係を分析する伝統的理論
第2章 リベラルな初期占領政策
第3章 「逆コース」への転換
第4章 一九五五年体制と経済成長
第5章 冷戦構造の崩壊と日米経済摩擦
第6章 同盟漂流からの脱却
第7章 小泉政権下の日米関係
終章 これからの日米同盟

著者等紹介

信田智人[シノダトモヒト]
国際大学研究所教授。1960年京都府生まれ。1994年ジョンズ・ホプキンス大学国際関係学博士号取得。ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワーセンター東京代表、木村太郎ワシントン事務所代表、国際大学研究所助教授を経て2007年より現職。専攻は日本政治論、対外政策論、日米関係(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

0
文??? 2009/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/249220

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。