広告的知のアルケオロジー

個数:

広告的知のアルケオロジー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月18日 03時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784803803440
  • NDC分類 674.04
  • Cコード C0036

内容説明

広告が面白かった時代、そこには「ウソ」と「笑い」、そして何よりも「物語」があった―TwitterやFacebook、SNSなどの普及によって激変する市場経済のなかで、広告文化のアイデンティティを探ることによって、新たなマーケティングの可能性を追求する“Re広告文化論”!

目次

第1章 広告業創業者にみる「いかがわしさ」の系譜
第2章 江戸の文化的遺産と周縁的な知
第3章 都市生活文化の演出とデザイン
第4章 広告と虚構、ウソ、語りの文化
第5章 生産の論理から文化の論理へ
第6章 広告は無償の贈与
第7章 トリックスターと周縁的ネットワーク
第8章 神話・挑発・文化流行と広告
第9章 細部への視線、「兆候」を読むチカラ
第10章 文化と広告・マーケティング
第11章 広告ビジネスの構造変化と広告人の資質

著者紹介

岡本慶一[オカモトケイイチ]
1949年東京生まれ。72年、東京都立大学人文学部卒。同年、(株)電通入社。マーケティング局にて消費者調査、クライアント企業のマーケティング・コミュニケーション作業に携わる。91年、(株)電通総研に出向。「企業価値」をテーマに日本企業の組織文化変革プログラム作成。また、同社のオピニオン誌「BY LINE」編集長を務める。94年、(株)電通インフォメーション・テクノロジーセンター部長兼R&Dディレクター。99年、組織改革によりR&D局部長。02年3月(株)電通退社。同年4月より東京富士大学経営学部教授。2017年5月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件