あの日、あの時、あの思い―東日本大震災、あれから10年 宮城県警察関係者の手記

個数:

あの日、あの時、あの思い―東日本大震災、あれから10年 宮城県警察関係者の手記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 14時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784803740301
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0095

目次

第1章 あの日の指示・決断(将来に伝えたい発災10年の想い(佐藤宏樹(当時気仙沼警察署長))
あの日(新田恭一(当時南三陸警察署長)) ほか)
第2章 現地統括官/警備本部員の苦闘(震災対応回顧録―兵站・補給活動を振り返って(千葉昭雄(当時警備部外事課長))
警備本部員としての活動を振り返って(南部宗利(当時警備部公安課警備指導官)) ほか)
第3章 検視業務従事者の苦悩(東日本大震災回顧録(星英明(仮名 当時刑事部))
あの日を忘れずに、前へ(猪股弘(仮名 当時刑事部)) ほか)
第4章 懸命に、ただひたすら(嗚呼東日本大震災(高橋裕人(当時南三陸警察署刑事課係長))
東日本大震災を振り返って―発災直後、そのとき自分は(早坂純一(当時気仙沼警察署警備課長)) ほか)