さらに残念な鉄道車両たち―抜けたところがあるだけに、愛しくて残念だった車両たち

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

さらに残念な鉄道車両たち―抜けたところがあるだけに、愛しくて残念だった車両たち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月04日 13時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784802211505
  • NDC分類 536
  • Cコード C0065

目次

国鉄C62形2・3号機
国鉄急行形サハシ
国鉄キワ90形有蓋気動車
国鉄キハ08系気動車
国鉄EF80形電気機関車
札幌市交通局M100形電車
国鉄183系特急形電車
国鉄72系アコモデーション改善車
国鉄50系客車
京浜急行電鉄800形電車〔ほか〕

著者等紹介

池口英司[イケグチエイジ]
1956(昭和31)年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。鉄道雑誌の編集者を経て独立。鉄道や鉄道模型、旅行関連など、幅広い分野で活躍を続けるフリーランスのライター・カメラマン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

六点

79
国鉄「C62」蒸気機関車に始まり、「国鉄鉄道連絡船」に終わる。「あなた、それ、車両ではないですよね?」と言うネタまで使っているので、もうこのシリーズは終わるのではなかろうかと思う。今回は昭和後期から最近のJR各社のクルーズトレインも俎上に載せられている。嘗ての国鉄は特急などについては「我が国中間層の生活水準の上を行く」車両を投入していたが、既にその様な車両は無い。何度も何度も言うが、商品開発の難しさと、10年~15年先を考えた車両開発いや、商品開発は極めて困難であるというほかない。2022/04/29

Francis

12
「残念な鉄道車両」シリーズと言うのが出ていたんですね。実はこれが初見で前2冊は未購入。JTBキャンブックスで寺本光照さんが「国鉄・JR悲運の車両たち」を出していて、一部重なる。こちらの方が一般向けで読みやすい。いずれの車両にも池口さんの鉄道への愛が伝わってくる。川島令三氏のような無茶も言ってなくて好感が持てる。2022/05/08

siomin

3
過去の鉄道車両のなかで,初めの意図とはかけ離れてしまった車両を紹介する3冊目。正直,ネタ切れなのかどうなのかわからないけど,日暮里舎人ライナーやら成田エクスプレスやら,車両の問題ではない部分で考察していたのが気になりました。ところどころで斜陽化し利用者に夢を提供できていない鉄道について嘆く記述がみられ,その切り口は関心があるので,車両と絡めるのではなくそれで一冊をお願いしたいところです。2022/07/23

竜玄葉潤

2
ちょっとずれてきたのと、愚痴が増えたのが残念。2023/02/02

Takahide✈Yokohama

1
前シリーズを読んでいないのだが、本巻では設計思想が残念という車両は少なく、性能を十分に発揮出来ず(or廃止までにしゃぶりつくすことが出来ず)残念という車両が多い。中にはキハ32の様に何が残念なのか分からない車両も。シリーズ末期でネタが切れたの?2022/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19592813
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。