名古屋鉄道の貨物輸送

個数:

名古屋鉄道の貨物輸送

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月04日 11時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 272p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784802132701
  • NDC分類 686.6
  • Cコード C0026

目次

1章 戦前(合併前)の貨物輸送
2章 戦中・戦後の貨物輸送(白井昭の貨物メモ)
3章 戦後の貨物輸送
4章 荷物列車
5章 貨物列車の終焉
6章 機関車
7章 貨車
8章 資料編

著者等紹介

清水武[シミズタケシ]
昭和15年岐阜県生まれ、慶應義塾大学法学部卒業。昭和39年に名古屋鉄道入社。鉄道部門に従事。定年退職後は鉄道誌への寄稿、著書多数。慶應義塾大学鉄研三田会会員。鉄道友の会会員

田中義人[タナカヨシヒト]
昭和25年愛知県生まれ。名古屋大学工学部卒業。昭和49年に名古屋鉄道入社、主に車両関係の仕事を担当。定年退職後の5年間は「名鉄資料館」勤務。名古屋レール・アーカイブス会員。鉄道友の会会員

澤内一晃[サワウチカズアキ]
昭和47年東京都生まれ。立正大学大学院文学研究科史学専攻修了後、数館を経て神奈川県内の自治体文書館に勤務。本務の傍らで鉄道誌への寄稿多数。鉄道友の会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えすてい

6
名鉄の貨物輸送は築港線を除き1984年1月1日で廃止すれたが、かつては膨大な貨物輸送ネットワークも構築していた。ただ、東武鉄道などと異なり、輸送単位は小さく、機関車も小型が多く、支線やローカル線では電動貨車による輸送もあった。それでも米軍から払い下げられた電気式ディーゼル機関車8500形も活躍するなどバラエティーには富んでいた。オート三輪から貨車の積み換えが時代を感じる。名古屋市電の廃車になったニ軸単車を豊橋鉄道市内線に譲渡するのも名鉄の「甲種輸送」なのも貴重な記録だ。名鉄は今も電気機関車を所有している。2021/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18202787

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。