バンブーコミックス<br> 麻衣の虫ぐらし 〈2〉

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

バンブーコミックス
麻衣の虫ぐらし 〈2〉

  • 雨がっぱ少女群
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 竹書房(2018/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月23日 08時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784801964778
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゾンビ倒して美少年、知らないカブに戦闘員の魔力は西郷になってました

17
田舎の農家を舞台に、人と自然の共生を描くシリーズ堂々の完結編。農家にとっては天敵でも、虫たちには虫たちの生があって一生懸命生きている様が描かれているのは良かったです。ただ、後半からの百合展開にはさすがに驚きましたね。とはいえ、全くいやらしく感じさせなかったのは作者の腕の見せ所ではなかったかと思います。2巻で終わらせるのは非常に惜しい作品ですね。作者の次回作に期待したいです。2019/01/28

ネタバレ:寝落ち避けがたし

9
ヤン気味百合漫画かと思わせてシリアスな展開からのしっとりとした内容と最後は幸せになって終了という、一言で言うといい漫画だった…2018/12/30

HK

9
前半は、祖父を失った菜々子をそっとしておくためもあり麻衣が参加した湿原保護の話。来夏と美津羽のキャラクターの魅力もあり楽しげなエピソード。そこから一転して菜々子の、そして麻衣の家族をめぐる重い展開に移行するが、これでもかというくらいのハッピーエンドで読後感が良い。2018/12/29

おこげ

8
たったひとりの家族を失い、自分だけで畑を守ろうと一生懸命農業に勤しむ菜々子。彼女のためにと一旦距離を置く麻衣であったが、完全に裏目に出ることに…しかしこれが後に虫の知らせが山頂での濃厚キスを生み、悪い虫がつかないほど睦まじい家族構築の布石となる怒涛のガチ百合展開で悶える結果となるとは///店舗特典で読める完成版の"最終回"、その間にある来夏とその幼馴染み美津羽の"特別編"を補うために電子書籍をポチるのは必然。虫知識と合わせてスローライフな1巻から一気に百合上昇気流へ乗るべし⤴️⤴️2018/12/27

コリエル

8
虫の話はちゃんとやりつつ、まさかのガチ百合エンドへ。ふたりは幸せなキスをして終了となろうとは。全2巻はちょうどよい分量で面白かった。2018/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13251554

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。