竹書房文庫<br> 亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

竹書房文庫
亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月25日 12時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801927698
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ロマノフ王朝の最後の秘宝が
アドルフ・ヒトラーを終わらせる

一九四一年十二月、ヒトラーとムッソリーニ--ふたりの独裁者を狙った暗殺計画が発動。その混乱に乗じて、トリスタンはヒトラーが肌身離さず身に着けていた古代アーリア人の秘宝<スワスティカ>の奪取に成功。ヴェネツィアの【潟@ルビ:ラグーナ】に沈めた。ヨーロッパに地獄絵図を描く男が、その加護を失う日がついに訪れたのだ。
だが、一つ目のスワスティカはいまだドイツにある。ヨーロッパ大陸も依然としてナチスの制圧下に置かれままだ。何千何万というユダヤ人の血が流れ、ナチス・ドイツによる野蛮なユダヤ人絶滅政策は人類史上類を見ない悪魔の所業と化している。二つ目のスワスティカの力を得たイギリスが侵略の危機を脱した一方で、ソ連は@ドイツ国防軍【ヴェアマハト】から猛攻を受け、劣勢に立たされていた。
四つ目のスワスティカが戦局の行方を決めることは明らかだ。その行方を追うトリスタンはパリの市街地地下に蜘蛛の巣を張り巡らすように広がる採石場で、手がかりを【掴@正字】む。第四の秘宝はかつてロシアに君臨した【皇帝@ルビ:ツァーリ】に代々受け継がれていた。だが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世が国外に隠し場所を移したため、帝政ロシアは崩壊し、スワスティカの行方も失われてしまっていた……。
古代アーリア人の叡智が秘められし四つのスワスティカをかけて、第二次世界大戦の舞台裏で繰り広げられる聖遺物争奪戦はいよいよ最終局面を迎える。
世界大戦の命運を握るロマノフ王朝最後の秘宝――、その存在を巡り英独米の争奪戦が始まる!!

内容説明

一九四一年十二月、ヒトラーとムッソリーニ―ふたりの独裁者を狙った暗殺計画が発動。その混乱に乗じて、トリスタンはヒトラーが肌身離さず身に着けていた古代アーリア人の秘宝“スワスティカ”の奪取に成功し、ヴェネツィアの潟に沈めた。ヨーロッパに地獄絵図を描く男が、鉤十字の加護を失う日がついに訪れたのだ。だが、一つ目のスワスティカはいまだドイツにある。ヨーロッパ大陸も依塑としてナチスの制圧下に置かれたままだ。何千何万というユダヤ人の血が流れ、ナチス・ドイツによる野蛮なユダヤ人絶滅政策は人類史上類を見ない悪魔の所業と化している。二つ目のスワスティカの力を得たイギリスが侵略の危機を脱した一方で、ソ連はドイツ国防軍から猛攻を受け、劣勢に立たされていた。四つ目のスワスティカが戦局の行方を決めることは明らかだ。その行方を追うトリスタンはパリの市街地地下に蜘蛛の巣を張り巡らすように広がる採石場で、手がかりを掴む。第四の秘宝はかつてロシアに君臨した皇帝に代々受け継がれていた。だが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世が国外にその隠し場所を移したため、帝政ロシアは崩壊し、スワスティカの行方も失われてしまっていた…。古代アーリア人の叡智が秘められし四つのスワスティカをかけて、第二次世界大戦の舞台裏で繰り広げられた聖遺物争奪戦はいよいよ最終局面を迎える。世界大戦の命運を握るロマノフ王朝最後の秘宝―。その存在を巡り、英独ソの争奪戦が始まる!!

著者等紹介

ジャコメッティ,エリック[ジャコメッティ,エリック] [Giacometti,´Eric]
『ル・パリジャン』誌などで活躍するジャーナリスト、作家。執筆活動の傍ら、フリーメイソンと因縁が囁かれるコートダジュール事件の調査などにも携わる

ラヴェンヌ,ジャック[ラヴェンヌ,ジャック] [Ravenne,Jacques]
フランス大東社の棟梁を務めるフリーメイソンリー。古文書の専門家でもある。エリック・ジャコメッティとは友人関係

大林薫[オオバヤシカオリ]
フランス語翻訳家。青山学院大学フランス文学科卒業

郷奈緒子[ゴウナオコ]
フランス語翻訳家。早稲田大学教育学部理学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Panzer Leader

53
手に入れれば世界を征服できるという4つ目そして最後の秘宝(スワスティカ)を巡るメタ戦記の最終章。これだけ奔放なストーリーながら殆ど史実から逸脱していないってのが素晴らしい。さあ一体どんなラストを迎えるのか、下巻へ急げ!2021/12/09

Richard Thornburg

20
感想:★★★★★  シリーズ第3弾!  いよいよ待望の完結編です。 ここにきてローゼンベルクも登場しオカルト色全開です(笑)  前ストーリーからの流れでハイドリヒが幅を利かせて、主人公やイギリス側の作戦もろとも大ピンチになるのかと思っていたら、ストーリーは1942年7月からのスタート。  ・・・なので、既にハイドリヒは鬼籍に入っており、ヒムラーの影が色濃く影響。 2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18052169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。