走らんか!―福岡第一高校・男子バスケットボール部の流儀

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

走らんか!―福岡第一高校・男子バスケットボール部の流儀

  • ウェブストアに56冊在庫がございます。(2024年04月19日 05時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801927087
  • NDC分類 783.1
  • Cコード C0093

出版社内容情報

日本の高校バスケットボール界を牽引する福岡第一高校。多くのBリーガーを輩出してきた同校で、ゼロからチームを築き上げ、2004年インターハイ初優勝、2019年のウィンターカップを含め夏冬計8回の全国優勝に導いたのが井手口孝コーチ。無名のチームを情熱溢れる指導で磨き上げ、全国トップクラスの強豪校へと押し上げたコーチによるチーム作りや選手育成術、異国での慣れない環境で戸惑う留学生たちへの指導法や選手たちの成長を促すために心がけていることなどを1冊に。

内容説明

目標は常に日本一。どこにも負けない練習量と思う存分バスケットに打ち込める環境で培った観るものを魅了するスピーディーな「走るバスケ」で福岡第一高校バスケ部を、インターハイ4回、ウインターカップ4回、8度の全国制覇に導いた名将の指導・教育哲学。

目次

第1章 運命に導かれて(指導者としての原点は女子高;同じような思いを後輩にさせてはいけない! ほか)
第2章 福岡第一バスケ部の軌跡(パラマ塾から始まった男子バスケット部;保護者から学ぶ ほか)
第3章 子どもたちに教え導くものとして(大好きなバスケットを腹一杯にする;勝つことも育てることも指導者の役割 ほか)
第4章 強いチームになるために(福岡第一バスケットの根幹;ディフェンスは“農業” ほか)
第5章 未来あるキミたちへ(環境をも乗り越える工夫を;雑草だからこそできる指導がある ほか)

著者等紹介

井手口孝[イデグチタカシ]
福岡第一高等学校男子バスケットボール部監督。1963年生まれ。福岡県出身。西南学院高から日体体育大学へ進学。大学卒業後、地元・福岡県の中村学園女子高に赴任。その後、1994年から福岡第一高に就任し、男子バスケットボール部を創部。ディフェンスからの速攻を武器に、激戦区・福岡で頭角を現し、就任5年目の1998年にインターハイ初出場。2004年のインターハイでチームを日本一へと導き、全国屈指の強豪校へと押し上げた。過去インターハイ優勝4回(2004、2009、2016、2019)、ウインターカップでは2018、2019年の2連覇をはじめ優勝4回(2005、2016、2018、2019)を数える。これまでに並里成(琉球ゴールデンキングス)や鵤誠司(宇都宮ブレックス)、河村勇輝(東海大)など日本を代表するポイントガードを多数輩出している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

大統領

1
福岡第一の強さは練習の質と量だけでなく、井手口さんの生徒をきっちりとした人間に育てようとする姿勢なんだと感じた。普通の強豪校では部員制限をするものの第一では来るもの拒まずでどんどん部員を受け入れていくのが好感が持てる。競技の結果だけではなく、人間力を育てる塾的な側面があるのかもしれない。部員が膨大にも関わらず、一人一人に声をかけて気にかけてくれるのは日々厳しい練習を頑張る生徒にとっては嬉しいことだと思う。2023/03/25

たがりえ

0
井手口監督の教師としての考え方にとても共感できた。2023年ウィンターカップ優勝、おめでとうございます。2023/12/31

サブロー

0
人間教育が全てです。そう思わせてもらえるような井手口先生の姿勢、この方がトップにいるというのが日本のスポーツ界の良いところだと思います。2023/12/05

おまみ

0
おもしろかったー。河村選手が2年の時のウインターカップから福岡第一を注目してます。最後に名前が出てきた山口くんが今年3年生でキャプテンなんですね、今年で井手口監督定年?ウインターカップ楽しみです!2023/12/05

sin1row

0
第一高校好きになりました。 先生の人柄もいいですね。 最初から良い指導者であった訳ではなく、若いころは保護者とも衝突しながら試行錯誤を重ねて今があるのが素晴らしいです。高校時代という限られた時間の中で常に結果を残していくのは本当に難しいことで、それを何年も続けているのは本当に大変だと思います。また、すべての時間をバスケットに費やしていることから家族も大変だったと思います。ゲームの結果だけではない、様々な苦労・努力をしれたいようでますます高校バスケット好きになりました。2023/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17726716
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。