竹書房文庫<br> 実話怪談 樹海村

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

竹書房文庫
実話怪談 樹海村

  • ウェブストアに77冊在庫がございます。(2021年05月14日 01時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801925281
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

◆謎の村「樹海村」は実在するのか――?

山道から七〇〇メートル以上離れた樹海の最深部で数年前、朽ちた複数のテントが発見された。
錆びたガスコンロに、鍋、フライパン、空容器の残骸。
木々に張ったロープにはボロキレのような洗濯物が干されていた。
果たしてそれは何を意味するのか?
青木ヶ原樹海を探索し、これまでに七〇体以上の自殺遺体をしてきた樹海のスペシャリスト・栗原亨が映画の舞台を徹底検証、自殺の森の真の姿と恐怖に迫る。
また、かの地で実際に起きた怪奇心霊現象、訪れた人の恐怖体験などを記した樹海怪談十七篇も収録。
樹海は呪界――リアルな恐怖が迫りくる、実話怪談版・樹海村!

日本最恐の禁足地・樹海のミステリーを解き明かす…

◆収録内容

第1部 樹海ルポルタージュ  栗原 亨

間違いだらけの樹海知識
青木ヶ原樹海とは
樹海に自殺死体はあるのか?
自殺エリアの傾向
遺体の考察
自殺者レポート
はたして樹海では本当にコンパスは狂うのか?
樹海は本当に一度入ると出られないのか?
樹海内でスマートフォン(携帯電話)は使えるのか?
樹海内で心霊現象はあるのか?
野犬は存在するのか?
カラスが見つけた遺体
まぼろしの遊歩道を探せ!
樹海最大のミステリー
自殺防止呼びかけ箱、呼びかけ看板
自殺志願者には遭遇するのか?
樹海の必見スポット
青木ヶ原〝呪界〟考  住倉カオス

第2部 樹海実話怪談

「誘う息」 住倉カオス *再録
「樹海のフィルム写真」 ふうらい牡丹
「彩りの森」 緒音 百
「死体探し」 乱夢
「ドラゴンズケイヴ」 神沼三平太
「見知らぬ男の夢」 月の砂漠
「死にたくない」 神沼三平太
「慰め」soo
「未来予想図。」 音隣宗二
「ズレて見える」 中野前後
「ない 」大坂秋知
「免許証」 神沼三平太
「育ての母」 つくね乱蔵
「一方通行」 橘 百花
「「こっくりさん」に纏わる話」 営業のK *再録
「泥顔」 つくね乱蔵 
「干瓢」 平山夢明 *再録

内容説明

樹海ではコンパスが狂い、入ったら二度と戻れない…。自殺者を襲う野犬の群れがいる…。樹海に纏わる噂、都市伝説は果たして本当なのか?なぜか自殺者が集中するXゾーン、通称「団地」の謎、根元に大腿骨が置かれた「祭壇」と呼ばれる大木の怪など、日本最恐の禁足地・樹海のミステリーに迫る。さらに、平山夢明、住倉カオス他、人気作家陣による最恐怪談、本当にあった樹海の怖い話を大収録!数多の魂が冥り彷徨う地の“真の恐怖”が明かされる…!

目次

第1部 樹海ルポルタージュ(栗原/亨)(間違いだらけの樹海知識;青木ヶ原樹海とは;樹海に自殺死体はあるのか?;自殺エリアの傾向;遺体の考察 ほか)
第2部 樹海実話怪談(誘う息(住倉/カオス)
樹海のフィルム写真(ふうらい牡丹)
彩りの森(緒音/百)
死体探し(乱夢)
ドラゴンズケイヴ(神沼/三平太) ほか)

著者等紹介

栗原亨[クリハラトオル]
1966年生まれ。樹海及び廃墟探検家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。