蜜猫文庫<br> 離縁された悪妻王妃は皇帝陛下に溺愛される―異国の地でえろらぶ蜜月開始します

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

蜜猫文庫
離縁された悪妻王妃は皇帝陛下に溺愛される―異国の地でえろらぶ蜜月開始します

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月28日 07時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801924284
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

軍人皇帝×離縁された元王妃

「隠すな。……全部見せて、味わわせろ」


形式だけの夫に悪妻と言われ捨てられたら
イケメン新皇帝(予定)に拾われ溺愛生活がはじまりました!?



面識もない夫に悪妻王妃だという汚名を着せられ追放されたマリア。
旅先で侍女が病に倒れたところをバーゼル帝国軍人ディートバルトに助けられる。
マリアの身の上を聞いた彼は偽装のために同行させてほしいと志願。
マリアを気に入りどんどん距離を詰めてくる。
「俺の与えるものだけを感じていればいい」
軍神のごとく美しい男に熱く迫られて蕩かされるマリア。
だが高位貴族らしい彼と自分では釣り合いが取れるとは思えず--!?

内容説明

面識もない夫に悪妻王妃だという汚名を着せられ追放されたマリア。旅先で侍女が病に倒れたところをバーゼル帝国軍人ディートバルトに助けられる。マリアの身の上を聞いた彼は偽装のために同行させてほしいと志願。マリアを気に入りどんどん距離を詰めてくる。「俺の与えるものだけを感じていればいい」軍神のごとく美しい男に熱く迫られて蕩かされるマリア。だが高位貴族らしい彼と自分では釣り合いが取れるとは思えず―!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rozeriy

22
KU読み友さんレビューで。「瞑婚」の風習のある国で死にかけた王子の花嫁になるために、旅先というのに5歳で攫われたヒロイン。しかし王子は死なず、忘れ去られたまま離宮で18歳まで幽閉される。代替わりで、悪妻の汚名を着たまま離婚。ずっと外の世界に憧れていたヒロインは旅行で見聞を広めようと旅立つが、そこで、高位の貴族らしい男性と出会ってというお話。 まず、人攫いして口を拭う国がひどい。本当なら亡びていいレベル。でも愛する人が出来て良かった。この後もヒーローに甘やかされて幸せになって欲しい聡明なヒロインだった。2020/11/01

Pisces Peggy

18
有能な皇帝(候補)x離縁された元王妃(処女)、平民になったヒロインはヒーローと出会い、お互いの内面を惹かれて恋を落ちる。ヒロインは聡明で、思慮深い子です。ヒーローも何が何でもヒロインの事が一番の暑い愛情が萌えます。強いて言えば、ヒロインと両親団円のエピローグがもっとみたいです、ラストは駆け足で惜しい。2022/01/30

十六夜

7
冥婚の風習がある国に親の仕事都合でやってきていた五歳のヒロインが、冥婚のための指輪を拾ってしまい、無理矢理死にかけの王太子の妃とされて以後十三年幽閉される。で、王太子はヒロインに悪妻の汚名を着せて自分の好きな女と結婚しようともくろみ、ヒロインもそれに乗って離婚し、離婚旅行と称して自由を謳歌することに。でも侍女が風土病にかかり難儀してたところを軍人らしき男に助けられて……みたいな内容。ヒロインがとにかく不遇すぎる。正体その他最後には明らかになり両親にも会えるけど、まぁなかなか波瀾万丈だったわ。2020/11/02

ナナイロ

3
電子版。華藤さんらしい糖度高めで、とてもよこった。ヒロインがとても良い子!2021/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16255002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。