竹書房文庫<br> エレクトス・ウイルス〈下〉

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

竹書房文庫
エレクトス・ウイルス〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月22日 19時49分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801923492
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

“クルーガー・ウイルス”と名付けられた退化病菌は、ネズミを媒介してヒトからヒトへと感染し、世界の隅々まで浸食した。感染者はすでに十五万人に達し、このままでは五百万人に膨れ上がる可能性もあるという。その渦中にアンナの恋人である海洋生物学者ヤン・ルベルも感染し、エレクトスへと退化。病院に収容されてしまった。アンナはあらゆる手段を講じて厳重な監視下に置かれたヤンのもとにたどりつき、ヒトとしての記憶を呼び覚まそうと懸命に語りかけた。だが、彼がかすかに回復の兆しを見せたところでステファンに呼び出され、国連安全保障理事会に向かうことになる。ヒトとしての知性と理性を失った人々にどう対応すべきか?理事会では議論が紛糾していた。アンナは国連総会の場で、エレクトスを同じ人間として擁護すべきだと訴えたが、理事会は彼らを危険性の高い生物と判断。人間社会からの隔絶を決議する。フランスではパリの動物園が一時的な収容所となり、ヤンもそこに隔離されてしまう。だが、ヤンたちが暴動を起こして逃走し、市街地では多くの市民が犠牲となった。人々の不安と恐怖はピークに達し、民衆を“エレクトス狩り”へと駆り立てる。エレクトスと現生人類の“生存競争”は回避できない運命なのか―?自由を求めて牙を剥いたエレクトスの逆襲が始まる!!

著者等紹介

ミュレール,グザヴィエ[ミュレール,グザヴィエ] [M¨uller,Xavier]
フランス、ブルターニュ在住。『Les d´etectives de l’´etrange』でデビュー。物理学で博士号を獲得した知見をもって科学ジャーナリストとしても活躍する一方で、ふたりの子供の父親(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

謎の退化促進ウィルスはヒトを、動物を、そして植物を退行させ続ける。人類に残された選択肢は共存か排除……ふたつにひとつしかない。