竹書房怪談文庫<br> 拝み屋備忘録 ゆきこの化け物

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
拝み屋備忘録 ゆきこの化け物

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年06月21日 10時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784801922662
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

漫画ドラマでも大人気!東北の拝み屋・郷内心瞳による実話怪事録!

内容説明

東北で拝み屋を営む著者の元に集まる、様々な怪異を書き綴る大人気シリーズ“拝み屋備忘録”第3弾!階下の住人が亡くなってからというもの、夜ごと不気味な女が現れる「あなたの番です」、水子地蔵へのいたずらが巡り寄せた取返しのつかぬ陰惨な祟り「実践と結果」、彼氏を亡くし失意のどん底にいた女性にさらなる恐怖と絶望が降りかかる「呼び寄せる」、そして、郷内の元にたびたび相談に来ている女性たまこ。彼女が男のために自ら堕ちていき、やがて起こる悲劇と戦慄の結末までを連作で綴る「たまこと苦界」他。人の因業と生み出される怪異の数々―本当の祟りとは?憑き物とは?

著者等紹介

郷内心瞳[ゴウナイシンドウ]
宮城県出身。郷里の先達に師事し、2002年に拝み屋を開業。憑き物落としや魔祓いを主軸に、各種加持祈祷、悩み相談などを手掛けている。2014年『拝み屋郷内 怪談始末』で単著デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。