蜜猫文庫<br> 有能な軍人皇弟はカタブツ令嬢を甘く溺愛する

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

蜜猫文庫
有能な軍人皇弟はカタブツ令嬢を甘く溺愛する

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月25日 05時46分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801921184
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「お前のすべては俺だけが知ればいい」
意地悪皇弟殿下×考古学オタク
美貌の皇弟大佐との淫らで危険な合法的取引!?

考古学者のゾーイはバロガロス帝国と軍事協定を結ぶための通訳に抜擢される。
彼女を指名したのは相手国の皇弟で、かつて袖にしたヴァルゼスだった。
彼は滞在中にゾーイを口説き落とすという。
「俺を少しでも憐れだと思うのならお前に触れる権利をくれ」
跪いて懇願されある約束と引き換えに体を許してしまうゾーイ。
情熱に翻弄され乱れた一夜。
隠していた想いを自覚するも彼女にはヴァルゼスを受け入れられない事情があって!?

内容説明

考古学者のゾーイはバロガロス帝国と軍事協定を結ぶための通訳に抜擢される。彼女を指名したのは相手国の皇弟で、かつて袖にしたヴァルゼスだった。彼は滞在中にゾーイを口説き落とすという。「俺を少しでも憐れだと思うのならお前に触れる権利をくれ」跪いて懇願されある約束と引き換えに体を許してしまうゾーイ。情熱に翻弄され乱れた一夜。隠していた想いを自覚するも彼女にはヴァルゼスを受け入れられない事情があって!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

十六夜

5
考古学者なヒロインが隣国の使者を迎えるに当たって通訳に指名され、なんでわたしが?と思いながらも高額報酬ほしさに行ってみたら使者に留学してたとき友達以上恋人未満になったヒーローがいて、という感じ。自国の少年王の願いを叶えるためヒーローにお願いしに行き、聞き入れる代わりに抱かせろ、ってことでエロな関係になっていく。もともとヒロインもヒーローが好きだったからいざそういう関係になったらもう一直線よね。謎めいた犯人のその後ろにいたのも癖が強い人物だし、なんにせよこれからもヒロイン、ヒーローとも苦労していきそう苦笑2020/01/20

うえさん

4
割と好きな作者さん。考古学者のヒロインと、他国の皇弟なヒーローのお話。ヒーローがヒロインを全然諦めてないのが良い。作者さんらしく脇キャラのクセがすごい、というか一部病んでる?ショタ陛下にはぜひ頑張っていただきたい。KU2020/04/30

柚子子

1
久し振りにTL小説読みたくて、なんとなく良さげだなと思って選んだ本。心より先に身体が繋がるのはお約束だけど、私がこよなく愛する情交中の「好きだと言ってくれ」があったのがかなりよかった。押しが強いなかにも女に焦がれすぎてふと弱気になる男の姿に弱い……。あと主人公がかなりしっかりした娘だったのでよかったです。ただ最後らへんでこれは誤字では?誤字だとしたらかなりひどめのやつでは?というのがあって、本当に気が気じゃなくなっちゃったよ!2022/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14654163

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。