BAMBOO ESSAY SELECTION<br> ボクんち事故物件

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

BAMBOO ESSAY SELECTION
ボクんち事故物件

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月20日 23時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 129p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801919259
  • NDC分類 365.34
  • Cコード C0979

内容説明

「レギュラーコーナーを持たせてやる!!」そんな甘い話に誘われてテレビ番組『北野誠のおまえら行くな。』内の企画で事故物件生活をスタートさせた芸人・松原タニシ。しかし、軽い気持ちで住みはじめたその部屋は、謎のオーブが乱舞し、またある時は部屋にいるはずがない何者かの声が聞こえたり想像を絶する怪現象が頻発する部屋だった。松原タニシが何故“事故物件住みます芸人”と呼ばれるようになったのか。そのすべての記録がここに―。

目次

恐怖の事故物件生活怪奇写真ファイル
それはある突然に
事故物件生活はじめました
恐怖のエレベーター
真夜中の霊障
呪われたマンション
霊のヤキモチ
廊下に潜む霊
閉鎖された8階
ニット帽の男〔ほか〕

著者等紹介

宮本ぐみ[ミヤモトグミ]
月刊漫画誌『本当にあった愉快な話』(竹書房刊)で漫画家デビュー

松原タニシ[マツバラタニシ]
1982年4月28日、兵庫県神戸市生まれ。松竹芸能所属。「事故物件住みます芸人」として事故物件に住み、心霊スポットめぐりをライフワークとする。日常で発生する心霊現象を日々検証中。数々の不思議な映像や体験談を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

53
夫の自殺で部屋が事故物件化し、損害賠償請求をされたり大変な目に遭う«自殺遺族になっちゃった!!»の宮本ぺるみ先生の姉上による事故物件住みます芸人・松原タニシ氏の数々のエピソードのコミカライズ。大先輩・北野誠らと旧犬鳴トンネルに突撃する話は福岡県民として興味深く読んだが、結局、侵入禁止の巨大コンクリートブロックの最上段に登っただけでトンネル内には降り立ってないのね。。。そして無人のはずのトンネル内から足音がして、徐々に近づいてきたという……。できたら旧トンネル以上の危険地帯・犬鳴村にも特攻かけてほしかったな2019/11/10

Moca

18
実際上、事故物件に住んでみた芸能人。 事故物件って、なんやかの事件で、心霊現象が起きる所である。 あそこは遊び半分で住む場所ではない。 松尾タニシは「おまえらいくな」の番組の企画で事故物件に住むことにした。 犬鳴村のトンネルは誰一危険な心霊スポットなのである。 映画で有名だけれども、実際にあった村(地図上にはない)なのである。

chatnoir

17
お仕事のために...わざわざ事故物件に渡り住む芸人さんのお話。あんまりぴんと来ない。不動産屋もトラブル回避のためか、ネタにされるのが嫌なためか、心理的瑕疵物件はあまりお勧めしたくないらしい。2019/07/01

あられ

10
事故物件住みます芸人・松原タニシ原案のコミック。最初に住んだ事故物件の詳細。絵がかわいらしいのに、霊らしきものはめっちゃ怖い。後輩芸人さんの電話に出た霊とか、華井さんの後ろぴったりに現れた霊が怖かった。恐い間取りに出てきたかな。←再読しようとは思わない、怖いので。続巻があるみたいだが、読みたいような、怖いから辞めとこうか。。。2019/08/16

うぃ

3
2.5 原作より面白い。2020/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13749181

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。