蜜猫文庫<br> 麗しの公爵の蜜愛の箱庭―友達だった彼が夫になったあとで

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

蜜猫文庫
麗しの公爵の蜜愛の箱庭―友達だった彼が夫になったあとで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 11時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801919181
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

褐色美形×零落令嬢
マハラジャで公爵な友人に花嫁として買われて始まる甘くて淫らで幸福な日々?
『君がどれだけ淫らな女か少しずつ暴いてみせようか?』

実家の借金のため娼館に売られたエレンは、貴族の娘を求める謎の男に花嫁として買われることになる。
男は仮面で顔を隠していたが浅黒い肌や声がエレンの学友でインドの藩王の血を引く公爵、ラグナートを思わせた。
とまどうエレンに男は冷たい態度で彼女が処女であるかどうか検分する。
「いい啼き声だ。調教されたんじゃないのか?」
穏やかだったラグナートにこんな一面があったのかそれとも別人かと思い惑うエレンだったが!?

内容説明

実家の借金のため娼館に売られたエレンは、貴族の娘を求める謎の男に花嫁として買われることになる。男は仮面で顔を隠していたが浅黒い肌や声がエレンの学友でインドの藩王の血を引く公爵、ラグナートを思わせた。とまどうエレンに男は冷たい態度で彼女が処女であるかどうか検分する。「いい啼き声だ。調教されたんじゃないのか?」穏やかだったラグナートにこんな一面があったのかそれとも別人かと思い惑うエレンだったが!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

20
タイトルから想像してたのとはだいぶ違った。2019/08/15

やまと

9
表紙描いです。もっとギスギスした内容かと思っていましたが。 ちょっとすれ違ったぐらいで、 ヒーローが基本的にヒロイン大好きなんので、安心して読めました。 2019/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13751801

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。