竹書房文庫<br> 東京伝説 自選コレクション―溶解する街の怖い話

個数:

竹書房文庫
東京伝説 自選コレクション―溶解する街の怖い話

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年10月23日 19時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784801916234
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

内容説明

2003年『うごめく街の怖い話』以来11冊の巻を重ねてきた「東京伝説」シリーズ。心霊ではなく人間の闇が引き起こす恐怖実話の金字塔は、現在において、世を騒然とさせる数々の凶悪事件の予言書とまで言われている。そんな総数400を超える話より、著者が選んだ最凶な話を自身の解説とともに編纂。「都会の遭難」や「素振り」など“伝説”きっての名作がそろう究極の一冊だ!

目次

素振り
東京プリティ・ウーマン

公衆電話BOX
テレビ
都会の遭難
ナリスマ師
リモコン
コンビニ
内職〔ほか〕

著者等紹介

平山夢明[ヒラヤマユメアキ]
神奈川県生まれ。『SINKER沈むもの』で小説家デビュー。短編「独白するユニバーサル横メルカルト」で日本推理作家協会賞短編賞、『DINER』で日本冒険小説協会大賞、大藪晴彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。