竹書房文庫 シグマフォース外伝タッカー&ケインシリーズ 2<br> チューリングの遺産〈下〉―タッカー&ケイン〈2〉

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

竹書房文庫 シグマフォース外伝タッカー&ケインシリーズ 2
チューリングの遺産〈下〉―タッカー&ケイン〈2〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月26日 21時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 359p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801912854
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

シグマフォースシリーズスピンオフ 第2弾

内容説明

タッカーとケインは、ジェーン、フランク、サンディの元同僚ノラ・フレイクスとともに、サンディ殺害の真相とその裏で着々と進められている計画の正体を突き止めようとする。 第二次世界大戦中にドイツ軍の暗号を解読したイギリス人数学者アラン・チューリングの提唱したコンピューター技術が、最新の戦闘用ドローンに搭載されているらしい。だが、裏で画策するメディア王のプルーイット・ケラーマンの野望は、キラードローンの開発だけにとどまらない。計画を阻止するため、タッカーたちは最初の原爆実験が行なわれた地や、カリブ海の島国トリニダード・トバゴを経て、敵の本拠地に乗り込んだ。生身の兵士のタッカーとケインは、最先端の人工知能を備えたキラードローン部隊に勝機があるのだろうか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

109
後半になると動きが加速していきます。トリニダード・トバゴに行ったり、主人公たちのアナログな活躍で、機械軍団を追い詰めてしまいます。ドローンというのは今までも戦争で使われてきましたが、局地戦で活躍はしていくのでしょう。この話を読んでいると近いうちに某国が朝鮮半島でなにかをやらかしていくような気もします。それにしてもこの主人公たちも組織の一員になるようですし更なる続きを読めそうです。2017/12/25

みやこ

69
おもしろかったか?と問われれば確かにおもしろかった。だけど、釈然としない読後感。軍用犬のケインにとっては当たり前のことかもしれないけど、ナイフで刺されても銃で撃たれても、彼が戦闘の場に駆り出されることがいたたまれない。そして「この人死にキャラ」と思った人が、思った通りに退場していく展開もどうかなーと。無人の殺人兵器が血の通った人間を殺戮する時代がそこまで来ていることが容易に想像できることが怖い。そして、悪意のある情報操作によって踊らされる恐ろしさ。それらは現代社会が抱えた問題に対する注意喚起でもある。→2020/07/19

absinthe

64
面白かった。チューリングが以下に天才でも、現在まで追い抜かれない発明をしていたとは信じられないが、こういう話の要旨とは関係ない無いな。最後まで飽きずに引っ張れた作者の力量はさすが。2018/01/07

Richard Thornburg

35
感想:★★★  下巻に入って、舞台はトリニダード・トバゴ、セルビアへと移動していきます。  アクションシーンの連続は面白いんですが、タイトルにもなっている肝心のアラン・チューリングやそのアルゴリズムに関しては曖昧模糊なイメージで、本シリーズの他作品のように重要なキーワードになっている印象は薄いです。  確かに情報云々とかアルゴリズム云々とか、文章にはしにくいだろうしなぁ。  そんなわけで解決感もイマイチかなぁ。  2020/11/02

トムトム

35
ただの車やバイクにも感情移入できるのだから、AI搭載のメカなんて愛おしくてしょうがなくなっちゃう!?情報操作で簡単に操られる人が多いのだなぁと、今回の新型ウイルス騒ぎで実感しました。2020/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12355074

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。