蜜猫文庫<br> 日陰者の王女ですが皇帝陛下に略奪溺愛されてます

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

蜜猫文庫
日陰者の王女ですが皇帝陛下に略奪溺愛されてます

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月18日 05時11分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801909502
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

不義の子と疑われ王女の身分を剥奪され幽閉されていたユーフィリアは和議の条件としてヴィスタリア皇帝アルヴァスに嫁がされる。利のない取引にもかかわらず彼女の境遇を知って貰い受けたアルヴァスは、ユーフィリアを優しく溺愛する。「欲しいのはどこかの国の王女などではない。あなただ」男らしいアルヴァスに情熱的に愛され悦びに包まれるユーフィリア。しかし異国の行事の際、彼女に偏執的な執着をする兄王と出会って!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

17
表紙が可愛くて購入。挿絵も可愛らしくて良かった。 物語は皇太后と異母兄に閉じ込められていたヒロインが賠償として他国の皇帝に引き渡される話。馴れ初めに唐突感はあるもののラブラブな二人の日常が宜しい。シルビアの保護者っぷりも面白かった。 皇太后も酷いんだけれど、異母兄が血のつながった妹と認めない理由がちょっと引いた。2019/08/09

Pisces Peggy

12
★★★★☆ 安定な芹名りせさん、ヒーローの小動物好きが生かされていなかったが、好みの甘い話から楽しく読了。2017/02/26

六花

8
タイトルは今ドキだけど、良い意味で王道のTLだなー。不憫な境遇にあったヒロインが溺愛されるのって好き(*´ω`*) ヒーローの包容力にはトキめいたんだけど、頼りがいありすぎてドキドキハラハラが少なかったのが残念。あと、イラストが主役の2人しか描かれてなかったのも…。クセのある双子の兄妹とか、執着系のヒロイン兄とか、見たかったな…(´・_・`)2017/08/05

絵美

4
『略奪』というから、誘拐同然に本人の同意なく&山賊紛いに拐かしたのかと思ったら、『保護』とか『救済』って文字の方が正しいよね、という状態だった。見た目ワイルドでも中身は甘々で優しいので、最後まで安心して読める。冷静な参謀ポジションかと思いきやすぐに熱くなる双子兄や、これまた冷静な美女に見えてヒロインや兄のことになると熱くなる双子妹など、脇キャラも結構好き。シルビアが先に兄離れしたけど、にーちゃんはごねそうだなぁ…(笑)。向こうのにーちゃんは、いつかちゃんとお兄ちゃんになれるのかねぇ……。2017/02/27

つっきー

3
★★★ 父亡き後に義母と異母兄から虐げられ軟禁されていたヒロインを救ったのは、他国の皇帝であるヒーロー。戦利品として持ち帰る名目でヒロインを救い出し、溺愛するという好きな設定のお話。引き篭もりヒロインが徐々に心を開く様子も良かった♪異母兄のひねくれた愛情は気持ち悪くてたまらなかったけど、それほど歪んでたんだろうなぁ。2021/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11227826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。