竹書房文庫<br> 「超」怖い話 〈仏滅〉

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

竹書房文庫
「超」怖い話 〈仏滅〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月24日 02時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801908925
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夢追人009

241
久田樹生(たつき)さんの怪談には難しい話もありますが、この占い師と僧侶の方から取材された怪談噺集は伝統的で判り易くてストレスなしで文句なく楽しめますね。『どーも』占い師の瀧本さんが休日思い立って妹と温泉へ出かけた時の事。車で途中、ある長いトンネルを抜ける事になり、妹は居眠りを始めトンネル入り口で時刻は午後五時で大体30分程度で着くだろう。…が走っても走ってもトンネルを抜けない。既に時刻は六時を回り一時間掛けても、まだ出口は見えず対向車も全くなかった。直進の道しかなく迷うはずもないのだ。どうもおかし過ぎる。2022/04/24

ラルル

28
前半は女占い師の体験談、後半はとあるご住職の話になっています。断然後半が良いです。前半は…なんだろう、何かひっかかる感じ。タイトルの「仏」という文字も前半の占い師には関係ない気が。同じように「仏」傾向の怪談なら「怪仏」の方がいいかも2016/11/30

澤水月

28
前半、占い師パートのスピ分・女子会風味(自分が女子高生当時ならともかく…)が本当に苦痛で投げ出したかった。同額でいいから前半部切り落としたいと思った程いつまでも読み終わらず。逆に後半のご住職の話は全て面白い。不思議にスピ部はたとえば伊藤美巳華さんら女性漫画家の雰囲気が強く、後半部は聖天さまの恐ろしさ修行話など永久保貴一氏の一連の取材漫画に題材や雰囲気も似ているように思えた。何にせよ本の題名が全く合っていないのはどうにかしてほしい。刀剣怪談といいちょっと最近…ちなみにお寺ものなら高田寅彦氏著書をお勧めする 2016/11/07

らぐ

18
とある占い師と住職の体験した不思議な話。占い師のほうは、日常生活メインって感じで特別占い師だからって感じはなかったなー。そのかわり、住職の話のほうは色々な仏さまのエピソードがあって面白かった。2016/11/17

やんも

18
もし本書に『怪神』や『怪仏』と同様の内容を期待してしているのなら、おすすめしない。これまでが黒の久田ならば、本書を書いたのは白い久田。表紙とタイトルはまがまがしいが、内容は正反対と言ってもよい。女性占い師と住職に取材した奇談集でマイルド。怪談本と言うよりもスピリチュアル本であり、その手の話も好きな自分としては、タイトルと表紙を変えてくれればよかったのにと残念に思う。同系列としては加門七海や伊藤三巳華だろうか、それぞれのファンならなんとなくわかってもらえると思う。最後に一言「本書に恐怖を求めてはならない」。2016/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11162979

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。