延長50回の絆―中京vs崇徳 球史に刻まれた死闘の全貌

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

延長50回の絆―中京vs崇徳 球史に刻まれた死闘の全貌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月11日 16時26分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801901148
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0076

内容説明

この夏、球史に残る伝説の一戦が行われた。第59回全国高校軟式野球選手権大会の準決勝での、中京(岐阜)と崇徳(広島)による延長50回の死闘である。中京・松井大河、崇徳・石岡樹輝弥の両投手は、何を想い最後まで一人で投げ抜いたのか?幼い頃からその名を轟かせていた二人の、知られざる共通点とは?「俺のほうがスゲエ!」と互いに譲らないエースを支えたナインや関係者の想いとは?涙あり、笑いあり。関係者取材によって浮かび上がった秘話満載の感動ノンフィクション!

目次

プロローグ 終わらない夏
第1章 王者のプライド
第2章 不敵な挑戦者
第3章 奇跡へのカウントダウン
第4章 1398
第5章 駆け上がる
エピローグ もうひとつの夏

著者等紹介

中大輔[ナカダイスケ]
1975年岐阜県生まれ。日本大学法学部卒。様々な職種を経てフリーの雑誌記者に。『延長50回の絆―中京vs崇徳 球史に刻まれた死闘の全貌』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件