文芸オタクの私が教えるバズる文章教室

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

文芸オタクの私が教えるバズる文章教室

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2020年04月06日 08時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801400672
  • NDC分類 816
  • Cコード C0030

内容説明

“星野源の未熟力”“村上春樹の音感力”“さくらももこの配慮力”―ネタ、つながり、専門知識がなくてもOK!話題の京大生ライターが言語化した“モテまくる文章”の科学。

目次

1 バズるつかみ―どうすれば、振り向いてくれる?(良心的釣りモデル しいたけの誘引力―最初に意味不明な言葉を放り込む。;未解決疑問モデル 星野源の未熟力―問いを共有する。 ほか)
2 バズる文体―どうすれば、心を開いてくれる?(5音9音ぶつ切りモデル 村上春樹の音感力―読みたくなるリズムを使う。;曖昧共感モデル かっぴーの弱気力―曖昧さを残す。 ほか)
3 バズる組み立て―どうすれば、楽しんでもらえる?(妄想上昇モデル 秋元康の裏切力―オチでひっくりかえす。;結末省略モデル 江戸小噺の小粋力―あえて、みなまで言わない。 ほか)
4 バズる言葉選び―どうすれば、思い出してくれる?(片仮名強調モデル 俵万智の合図力―カタカナで注目させる。;共通言語投入モデル 松井玲奈の国民力―万人に通用する例を出す。 ほか)

著者等紹介

三宅香帆[ミヤケカホ]
文筆家、書評家。1994年生まれ。高知県出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。