年収400万円の私にできる投資の正解を教えてください!

個数:
電子版価格 ¥1,500
  • 電書あり

年収400万円の私にできる投資の正解を教えてください!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 08時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801306622
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0030

内容説明

米国株のカリスマが教える貯金ゼロ、知識ゼロ、経験ゼロからの「最強の投資」の始め方。

目次

1章 すべての人に投資が必要な理由
2章 「良い投資」の始め方
3章 投資に回すお金の考え方
4章 投資を始めた後の心構え
5章 さまざまな投資術との向き合い方
6章 ライフステージに応じた投資の考え方

著者等紹介

たぱぞう[タパゾウ]
月間100万PV超の投資ブログ「たぱぞうの米国株投資」の管理人。登録者数約22万人のYouTubeチャンネル「たぱぞう投資大学」を運営。2000年からなけなしの初任給で日本株を買い始めたのが投資歴の始まり。リーマンショックなどを経つつも辛うじて退場を免れる。為替が1ドル80円を切ったことから、米ドルに投資資金を切り替え、米国株投資を同時に開始。2016年から「誰もができる投資術の提案」をモットーとし、ブログをスタート。投資顧問会社にてアドバイザーをしているほか、セミナーなどを通じて米国株投資を広めている。現在は独立し、資産管理会社を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mazda

19
結局は、S&P500を積立・長期で保有しましょう、という話です。著者曰く、米国株式投資のリターンは5%くらいで見積もっておくといいので、それ以上の暴利の場合は怪しいと思うべき、ということです。これに引きずられたのか、海外投資はご本人はやらなかったそうです。住宅のことについても書いていますが、やはり借り入れできる額を借りることで、じきに返済に窮する人も多いそうです。不動産投資にしても、最近は価格が高騰して利回りが下がる傾向にあるので、正直どうかなと思います。インデックス、積立、長期、これで決まりです。2023/07/05

文太

6
著者のたぱぞう氏のYouTubeチャンネルは視聴し参考にしている。本書は投資初心者向け。そのため目新しい情報はなかった。とにかく少額でも初めてみるというのは大切。自身で体験してみないとわからないことの方が多い。2024/02/23

Jesus@メモ魔

3
たぱぞうさんのYoutubeを見てみようと思いました2023/11/12

シュウヘイ

1
貯金はダメ 投資の比率を上げるべし2023/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21283044
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。