究極脳の作り方―脳科学の力で才能を引き出す

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

究極脳の作り方―脳科学の力で才能を引き出す

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月20日 22時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801306165
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「本物の脳科学者が本気で発信する本格的な脳のトリセツ。そこいらのノウハウ本と一緒にしてもらっては困ります。」

──東京大学薬学部教授 池谷裕二氏 推薦!





人それぞれがもつ脳の能力を高めていけば、最大限の力を発揮することができる。これこそが「究極脳」と呼ぶべき状態であり、脳科学的なアプローチでそれを目指せる。他人と比べた相対的な究極ではなく、自分の中でできる限り最高の状態を作っていこう、というのが本書の主旨だ。

これからの時代を生き抜くには、これまでの型を捨て去り、自分で考えて行動することが必要不可欠となる。自らの脳の性能を最大限に引き出して「究極脳」を作ることで、才能を開花させ、明るい未来を切り拓いていこう。

目次

第1章 脳の処理速度を上げる(脳とコンピュータの違いは?;作業の断片化を防ぐ ほか)
第2章 集中力を上げる(とても大事な脳の司令部・前頭前野;そもそもマルチタスクは不可能? ほか)
第3章 脳にやる気を出させる(脳の「やる気中枢」はどこ?;どうやったらやる気が出るのか? ほか)
第4章 先延ばしを防止する(なぜ仕事を先延ばししてしまうのか?;衝動をうまく抑えるには? ほか)
第5章 脳のメンテナンスをする(脳のためにもしっかり睡眠を取るべし;運動は脳にとってメリットだらけ ほか)

著者等紹介

生塩研一[オシオケンイチ]
1969年生まれ。広島市出身。博士(理学)。広島大学大学院博士課程修了後、慶應義塾大学理工学部助手を経て、近畿大学医学部講師。実験動物を使って認知機能の脳内メカニズムを解明する実験的研究に従事。脳科学に関する情報をメルマガやブログ、Twitterなどで発信。一般向けのセミナーや企業研修にも登壇。本書が初の著作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。