彩図社文庫<br> 知られざる名城の仕掛けと謎

個数:
電子版価格 ¥750
  • 電書あり

彩図社文庫
知られざる名城の仕掛けと謎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月30日 15時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801305922
  • NDC分類 521.82
  • Cコード C0121

出版社内容情報

日本の城は、武将の力の象徴であり、戦いの場でもあった。城に施された仕掛けは、攻め込んでくる敵を退け、戦いを有利に導く。そのため、武将たちはそれぞれ知恵を絞って城を建てたのだ。

本書ではそのような名城の機能を中心に、実際の合戦や武器などを、写真や図とともに紹介する。

内容説明

かつて、城は戦場だった。城は権威の象徴であり、防衛拠点であり、最後の砦でもあった。名城の機能を中心に、合戦や武器などを紹介。

目次

1章 名城の仕掛け(見る者をあざむく姫路城の多層構造;松本城の隠し階「暗闇重」 ほか)
2章 城攻めの武器(攻撃の基本の武器―弓矢と鉄砲;鉄の支柱で支えられた装甲板で敵の攻撃をかわす―大盾 ほか)
3章 城が舞台になった合戦(わら人形と油のしみた梯子作戦―千早城の戦い;敵を寄せつけない「天空の城」―月山富田城の戦い ほか)
4章 城にまつわる謎(信長とともに消えた安土城;上田城に今も残る伝説の抜け穴「真田井戸」 ほか)