福岡県警工藤會対策課―現場指揮官が語る工藤會との死闘

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

福岡県警工藤會対策課―現場指揮官が語る工藤會との死闘

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月03日 18時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305724
  • NDC分類 368.5
  • Cコード C0095

内容説明

30年以上にわたる死闘、いかにして警察と市民は工藤會と闘ったのか?野村総裁の死刑判決までの実録捜査録。

目次

第1章 私が見た工藤會と幹部の実像
第2章 北九州を脅かす工藤會
第3章 激化する工藤會との闘い
第4章 工藤會の反撃
第5章 福岡県警対工藤會
第6章 市民や行政を巻き込んだ闘いへ
第7章 工藤會頂上作戦
第8章 これからの組織犯罪戦略を考える

著者等紹介

藪正孝[ヤブマサタカ]
1956年北九州市戸畑区生まれ。1975年4月に福岡県警察官を拝命。刑事部門、暴力団対策部門に深く携わる。2003年3月、捜査第四課に新設された北九州地区暴力団犯罪対策室副室長への就任を皮切りに、主に指定暴力団「工藤會」対策に従事した。2016年2月に定年退職。同年4月、公益財団法人福岡県暴力追放運動推進センター専務理事に就任。2019年には、暴力団に関する正確な情報を発信するサイト「暴追ネット福岡」を開設した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キク

63
北九州の現場に配属になった同期が「現場で安全靴とヘルメットはいつもしてるけど、防弾チョッキを初めて身につけた」と言っていた。みかじめ料や関連下請けを拒否したことで、うちの会社の九州支店に銃弾を撃ちこまれたり、工事現場事務所に乗り込まれて発砲されたりしていた。当時、北九州市は「修羅の国」と言われていたけど、全然比喩じゃない。関わりを拒否した漁業組合長が射殺され、引退した元警部が撃たれて、暴力団お断りステッカーを貼った飲食店は放火された。その状況で行政と市民が工藤會と対峙したという勇気は、本当に凄いと思う。2022/10/29

Worldさん

2
梶原一族の話が壮絶すぎる。並びにみかじめ拒否、暴力破断反対ステッカーを掲示した店舗へ放火、手榴弾の投擲、店員への暴力と事件が絶えない。それでいて北九州市の警察だけでなく行政、市民までもがが一丸となり声を上げ暴力団への反対運動を行うの熱すぎ。脱暴力団の取り組みにも他県では類を見ないほど力を入れているなど福岡県警ならではの取り組みもしれてよかった。この手の本の序盤はどうしても組の歴史とかの話になるけど、正直興味はない…。暴力団壊滅しろ!頑張れ警察!2023/04/04

ばんぶー

0
福岡県警工藤會対策課。2022/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18868265
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。