覚醒剤アンダーグラウンド―日本の覚醒剤流通の全てを知り尽くした男

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

覚醒剤アンダーグラウンド―日本の覚醒剤流通の全てを知り尽くした男

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 02時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305687
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C0095

内容説明

なぜ覚醒剤はなくならないのか―。取締りが強化される一方で、売人や常用者の逮捕は後を絶たない。これまで決して語られることのなかった覚醒剤の秘史を紐解き、その流通ルートを徹底的に追った禁断のノンフィクション。

目次

第1章 日本にシャブを広めた男
第2章 第二次覚醒剤禍(韓国ルート)
第3章 謎の男ワタナベゲン(フィリピンルート)
第4章 第三次覚醒剤禍(多様化する覚醒剤シンジケート)
第5章 進化する捜査との戦い(タイルート)
第6章 最高機密(米軍ルート)
第7章 日本で一番悪い奴ら

著者等紹介

高木瑞穂[タカギミズホ]
ノンフィクションライター。風俗専門誌編集長、週刊誌記者などを経てフリーに。主に社会・風俗の犯罪事件を取材・執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サトシ@朝練ファイト

18
日本が発明した覚醒剤と戦後から現在に至るまでの経緯とルート。分かりやすくまとめられています。2022/01/23

furu_sato_sf

3
どんなに警察が国内での摘発に力を入れようと、リスクを顧みずに高いリターンを得ようとする外国人や、”特権”を悪用する人々がいる限り覚醒剤の流通がなくなることはない。2021/12/06

多分、器用です

3
すげー説ぶっこんできたけど、いろいろ大丈夫なんだろうか?めちゃくちゃおもしろかった。2021/11/30

Jey.P.

1
国内における覚醒剤流通・取り締まりの歴史。ヤクザや取り締まり関係者などの証言が主な情報源なので、どのくらい信用して読むかみたいなところがある。個人的に最後の在日米軍説は眉唾だなと感じた。そんなに大掛かりにやって情報が一般に広まらないとかあるのか?もしくは最高機密扱いならなぜライターまで情報が降りてくるのか?など。2021/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18700210

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。