日韓併合の収支決算報告―“投資と回収”から見た「植民地・朝鮮」

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

日韓併合の収支決算報告―“投資と回収”から見た「植民地・朝鮮」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 17時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305526
  • NDC分類 221.06
  • Cコード C0021

内容説明

35年の統治で、日本は何を得て、何を失ったか?大日本帝国による韓国併合を金銭面から分析。

目次

第1章 日本はなぜ朝鮮半島を欲したのか?
第2章 朝鮮半島に「近代」を移植する
第3章 朝鮮半島を豊穣の地に
第4章 皇民化のコスト
第5章 「植民地」に暮らす日本人の実相
第6章 アジア侵略に活用された朝鮮半島の人的資源
第7章 いまも増殖し続ける負の遺産

著者等紹介

青山誠[アオヤママコト]
大阪芸術大学卒業。著書に『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社)、『戦術の日本史』(宝島社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。