最新研究でここまでわかった日本の戦争史通説のウソ

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

最新研究でここまでわかった日本の戦争史通説のウソ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月24日 09時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305489
  • NDC分類 210.19
  • Cコード C0021

内容説明

戦争史の新常識がわかる。古代~近代に至る48項目を通じて歴史のターニングポイントに迫る。人物、戦術戦略、政治、戦後の4テーマ別。

目次

第1章 人物にまつわるウソ(織田信長が室町幕府を軽んじていたというのはウソ;武田信玄が上洛途中に織田領へ進軍したというのはウソ ほか)
第2章 戦術戦略にまつわるウソ(治承・寿永の乱が源氏と平氏の戦いというのはウソ;赤坂城の戦いで楠木正成が幕府軍を翻弄したというのはウソ ほか)
第3章 政治にまつわるウソ(天智天皇は大海人皇子に譲位をする気がなかったというのはウソ;藤原仲麻呂の乱は道鏡排斥が目的だったというのはウソ ほか)
第4章 戦後にまつわるウソ(蘇我氏が物部氏に勝利したことで仏教が受容されたというのはウソ;承久の乱後に六波羅探題が京の治安を維持したというのはウソ ほか)