伝説のAV男優 沢木和也の「終活」―癌で良かった

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

伝説のAV男優 沢木和也の「終活」―癌で良かった

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月24日 22時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305342
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0095

内容説明

突然告げられた1年間の余命宣告。病気のこと、性の目覚め、AV活動、逮捕…息子のために破天荒な人生をすべて綴る。

目次

序章 癌のカミングアウトと「終活」プロジェクト
第1章 癌の発覚
第2章 少年・青年時代
第3章 栄光と挫折のAV男優
第4章 AV業界への遺言
第5章 癌で良かった

著者等紹介

沢木和也[サワキカズヤ]
1967年3月25日、埼玉県生まれ。20代の1988年にAV男優としてデビュー。90年代のアダルトビデオ創成期を支えた。1994年に結婚、2005年に長男が生まれる。2020年、癌が発覚。現在も治療中

荒井禎雄[アライサダオ]
1975年2月7日生まれ。フリーライターとして、表現問題や地域批評、グルメ記事まで幅広く執筆。また、様々なWEBサイトの立ち上げや運営に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カタヤマタケシ

8
アダルトビデオの創成期から第一線で活躍されていた沢木和也氏。その彼が末期ガンとなり終活をされているということです。本では、少年時代から業界で頂点を極めた栄光の時期、大麻で逮捕、そして業界への提言などが沢木さんの飾らない言葉で語られています。まだ50代、子供も中学生と心配ごとは尽きないと思われますが、前向きに事実を受け止めている感じがしました。ガンでよかったと言われているのも素直な気持ちだと思います。やりたい放題、破天荒な生きざまですが、最期に親として息子への思い。これが切なく響いてきます。2021/09/23

ただぞぅ

5
AV男優、沢木和也の自叙伝的な本。自分が、知らない世界や波乱万丈な人生に一気読み。裸商売の世界は誰でも入っていい場所ではない。どうしても他に道がない人だけがこっそりとやるべき仕事だという。どんなに世間に白い目でみられても、親兄弟と縁を切られてもやりたいと、覚悟がある奴だけがやるべきものだ。また息子に対する接し方も勉強になった。自分の価値観や感覚を押し付けてはいないだろうか。野球を始めた息子に対し上手くなってほしいという一方的な思いから無理強いさせたしまったことに対する猛省。我が振りもみつめなおしたい。2021/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18050226

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。