私は組長の息子でした

個数:

私は組長の息子でした

  • 提携先に65冊在庫がございます。(2021年05月11日 17時34分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 189p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801304772
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

「ぼくのお父さんは、ヤクザの親分をしています」組事務所、若い衆、山、シノギ、けん銃、抗争…組長の実子だから知るヤクザ社会のリアルな実情。

目次

第1章 私の生い立ちについて(一度はカタギになった父;法廷で見た父の姿 ほか)
第2章 子どもの頃の思い出(組長の息子になって生活が激変;大卒新人の年収レベルのお年玉 ほか)
第3章 思春期の思い出(中学校で感じた“色眼鏡”;組長の息子はカッコいい? ほか)
第4章 ヤクザ社会のリアル(ヤクザの収入源;組長の趣味とこだわり ほか)
第5章 上京から現在に至るまで(跡目を継ぐか、カタギでいるか;猛勉強のすえに大学に合格 ほか)