インディペンデント・ブルース - 月で生まれ輝くレスラーたちの物語

個数:

インディペンデント・ブルース - 月で生まれ輝くレスラーたちの物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 01時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801304437
  • NDC分類 788.2
  • Cコード C0095

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

qoop

8
人気、知名度、収入の面で大手団体より劣る弱小団体に身を置くレスラーたちに焦点を当てた評伝集。インディーだからこそ見えてくるプロレスの魅力やレスラーのプライドを、著者はプロレスファンらしい悲壮美と共に伝える。興味深く読んだ。中でもアラケンこと新井健一郎氏の章は興味深く読んだ。プロレス雑誌で氏の存在は知っていたものの人となりはまったく未知だった。言葉通りの意味のインディペンデントな存在だったのだな、と気づかされた。2020/04/26

Tak

1
インディ団体のレスラーを取材した本です。 インディの中ではメジャーな選手たちかも知れませんが自分の年齢や趣向的にディック東郷や田中将斗などしか解りませんでしたが新日本のようなメジャー団体だけで無くインディにも魅力的な選手は沢山いるなと思いました。2020/04/17

U-Tchallenge

0
インディーと呼ばれる団体で活躍している8人のプロレスラーの生き様に触れることのできる一冊。僕としては、アラケンと田中将人が取り上げられていて嬉しかった。竹田誠志が語っていた、デスマッチファイターは致命傷を負ってはいけない、ということ。デスマッチファイターの矜持を垣間見る言葉だな、と感じた。では、自分にはこのような矜持があるだろうか。それを言語化することができるだろうか。そのような矜持を持ちたい、と思った。それを纏い、子どもたちの前に立ちたい、と思った。かなりおすすめの一冊である。2020/11/25

U-Tchallenge

0
かなり面白かった! 一人ひとりのレスラーにインタビューを行い、そのレスラーの歴史や考え方が丁寧に扱われていた。日本のプロレス界ではメジャーの反対をインディーと称する。決してマイナーではない。メジャー団体は一人ひとりのレスラーがもちろん魅力的ではあるが、団体の看板がレスラーよりも前に出ることがある。片やインディー団体は一人ひとりのレスラーの方が前に出ることが多いように感じる。だからこそ、インディーでは一人ひとりのレスラーの魅力がダイレクトに伝わってくる。そんな雰囲気を文章からも感じられる一冊であった。2020/10/04

じゅんポー

0
改めてプロレスはレスラーたちの生き様に共感、共鳴し合うジャンルだと認識。最近、プロレスを好きになった方はぜひ。2020/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15450836

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。