おそロシアに行ってきた

個数:
  • ポイントキャンペーン

おそロシアに行ってきた

  • 嵐 よういち【著】
  • 価格 ¥730(本体¥664)
  • 彩図社(2020/01発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年08月17日 23時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 239p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801304215
  • NDC分類 293.8
  • Cコード C0126

内容説明

無愛想?威圧的?英語が通じない?実際に訪れたロシアは面白すぎる国だった!首都モスクワ、世界遺産都市サンクトペテルブルクから、ロシアが実効支配する樺太(サハリン)、極寒のイルクーツク、飛び地のカリーニングラードまで広大なロシアを巡る旅行記。

目次

第一章 日本から一番近いヨーロッパ『ウラジオストック』
第二章 ロシアが実効支配を続ける『樺太(サハリン)』
第三章 ロシアの飛び地『カリーニングラード』
第四章 ヨーロッパ最大の都市『モスクワ』
第五章 世界遺産都市『サンクトペテルブルク』
第六章 極寒のシベリア『イルクーツク』

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トムトム

25
文化の違い!面白くなければ笑わない。逆に、面白くもないのに笑顔を見せるやつは信用できない!?仲良くなれば、それなりに人間的で親切な人々。歴史だよなぁ。虐げられてきていれば警戒するもの。日本は平和だと思いました。2022/08/11

なっきぅ

18
ロシアは行ったことがなく馴染みがないので、サンクトペテルブルク、イルクーツクあたりを簡単に歴史を紹介しつつ楽しめる旅行記。わかりやすいけれども文体や見るポイントあたりがあまり好みではなかったな。自分の好む旅行記の傾向が知れて良かった。他のかたのロシア旅行記を読んでみよう。2021/04/29

sonettch

13
2018年夏にウラジオストクからイルクーツクまでシベリア鉄道(三泊四日かかる)で旅をしたので懐かしかった。鉄道旅行は「旅をしている」という実感があるのでとてもオススメです。この本は各地の歴史の導入にもいいと思う。「樺太(サハリン)の歴史」も勉強になった。『独ソ戦』も読んでみようと思った。読み終わってみると、とてもいい本です。2020/05/16

かっぱ

7
以前から気になっていたこのタイトル。ネタ方向に全力でふっているタイトルだし、文体は軽いが、内容はかなりいい。所々に添えられている歴史的エピソードも興味深い。おすすめ。 おちついたら、ウラジオストクには、とりあえずいってみたい。2020/05/01

ドットジェピー

4
面白かったです2021/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14987282

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。