神秘の幻覚植物体験記 - 中南米サイケデリック紀行

個数:

神秘の幻覚植物体験記 - 中南米サイケデリック紀行

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 22時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801303904
  • NDC分類 471.9
  • Cコード C0026

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MioCastello

7
サボテンやキノコなど植物由来の伝統的ドラッグを求めて中南米を巡る紀行。最高のビジョンを求めて評判のシャーマンを探し歩く様はまるで高名な料理家の料理を求め世界中何処にでも駆けつける筋金入りの美食家の姿と被る。中南米の厳しくも美しい自然描写は瑞々しく紀行文としても秀逸。シャーマンの儀式は非常に興味深く未知のものに対する好奇心をくすぐられる。ところでスペイン語を全く話せない私でも、シャーマンの儀式を受ければアルパカとも話せのだろうか?もし本当ならばリスクを犯してでも現地に行きいところだ。2021/06/18

Takeyuki

2
幻覚植物によるビジョンを求めて、世界中から人が集まることに驚いた。怖いもの見たさはあるかもしれないが、体験を受ける場所、シャーマン、案内人…日本に比べ治安が悪い異国で、そう簡単に人を信用できるものなのか。幻覚植物が単なる快楽を求めるものではないことは理解できた。常習性、後遺症は無い。治療に使われることが大半。なぜ中南米に多いのか…。なぜ幻覚植物を食す文化があるのか…不思議である。マジックマッシュルーム、アヤワスカ、カンボ、サンペドロ、ペヨーテ。2020/09/03

俺おしり弱いよ

2
ふつうに面白い。中南米の人たちの雰囲気が伝わる。実際筆者がどうかは知らないが、ゴリゴリのドラッグユーザーの視点では書かれてないので安心して読める。(そういう人が書いても面白いかもしれないが。)筆者の名前でググるとブログをやっていてめちゃくちゃ旅してる。多少この旅についての記述もあるのでそれを読むのもいいかもしれない。 マジックマッシュルーム、アヤワスカ、幻覚サボテン(サンペドロ、ペヨーテ[ヒクリ])。2020/01/20

にゃおまる

1
少し軽い気もするが、その辺のドラッグ体験記ではなくシャーマンとの伝統的な幻覚植物のまじめな体験記。2020/10/08

fukafkacraft

1
とても面白い中南米旅行記。幻覚植物によるトリップ体験を純粋に追い求めた素人目線で書かれており、いわゆるドラッグジャンキーものではない。アヤワスカについては以前、ハンコックが強烈な吐き気について語っていたが、この著者は平気だったようだ。ハンコックの本にも書かれていたのと同じ幻覚を見ていることから、儀式で見るビジョンはシャーマンが催眠術で見せているんだろうと確信。著者でさえその点に気付いていないようだが、私にとっては大いなる発見。それにしても著者の行動力、体力は凄まじい。2020/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14200906

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。