トッププロが教える最強の麻雀押し引き理論

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

トッププロが教える最強の麻雀押し引き理論

  • 白鳥翔
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 彩図社(2018/07発売)
  • ポイント 13pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 03時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801303126
  • NDC分類 797.5
  • Cコード C0076

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きょちょ

19
昔、私が雀荘で麻雀を打っていたころ、「押し引き」なんて言葉はなかったと思う。 時代は変わったのね。 久しぶりに麻雀を始めていろいろな本も読んできたが、オンラインゲームも1,000局を超えるとそろそろ飽きてきた。 そして思うには、今の麻雀プロはちょいとカッコつけすぎではないかと感じ始めた。 囲碁や将棋界ではいないよ、そんなタイプ。 阿佐田哲也、小島武夫の若いころはこんな状況ではなく、とにかく勝って「金稼ぐ」、それこそ「ギャンブラー」だったはずだが、ずいぶん違う印象だ。 ★★2021/02/04

かなぱ

0
自分が点棒持ってる時の立ち振舞い方の説明が多くてが印象に残った。確かに他の麻雀本だとアシストの項目として短めに終わるので ありなのかもしれないが、点棒持てるようになるまでの内容が個人的にはもう少し欲しかった。 本人の写真がヒカキンに寄せてる?って感じで気になって仕方ない!2021/01/20

なかちゃん

0
中二病だけど強い(笑)白鳥プロの本。 点数状況による局流しとか、ボクのニガテな分野が詳しく書かれていてとても勉強になりました。愚形の追っかけリーチはよっぽど高くないと日ごろ打たないので、思った以上に追っかけ判断が多くてちょっとビックリしました。 最近の麻雀本って「~%」とか確率の数値がたくさん出てきて、物言いもやや高圧的な本が多い印象ですが、 白鳥プロの解説と同じく、やわらかな語り口でスッと入ってきました。中級者にオススメの一冊。 自戦記もオモシロいです(モンド杯決勝のテンパイ外しはシビレました!)2018/10/23

pudonsha

0
「牌勢」という言葉が出てきて少しドキッとした。2018/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12948070

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。