独裁国家に行ってきた

個数:

独裁国家に行ってきた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 23時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801302907
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0126

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シャル

8
筆者が世界中を旅する中で訪れた各種独裁国家のその内情。イメージ通りのどこか愚かで外を知らないがゆえのある意味で牧歌的な国家や荒廃と排他的を地で行く治安の悪い国がある一方、狭く小さい国家をその集中権力で統治する国や、宗教の厳格なる規律で保たれている国もある。どの国も実際に行ってきたことによる実感が籠もっており、理不尽のまかり通る恐ろしさや、国に入るまで、そして国を出るまでの苦労など、ある意味で世界の広さ、多様さ、複雑さを知ることが出来る。国家という形体について考えさせられる一冊。2018/03/21

ぺっ君

2
独裁国家への旅行記。体験談だが204ヶ国に入国経験のある作者が様々な経験を綴っており単純に面白い。軽い読み物としては秀逸。2018/05/22

卓也

0
命がけで治安の悪い国に飛び込むのは、無謀かもしれないが、その勇気には拍手を送りたい。特にベネズエラやコンゴでの暴力や投獄など、死を覚悟したと思う。シリアでの体験で、何か不吉なことが起きる国では、気分を害するような変なことが頻発する傾向にある。人々の雰囲気からも異変を感じとれるとあったが、まさにそうなった(イスラム国による虐殺)2019/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12737942

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。