鉄道員のぶっちゃけ話

個数:

鉄道員のぶっちゃけ話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 23時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801301535
  • NDC分類 686.04
  • Cコード C0165

内容説明

大きく変わった人身事故の処理、ICカードの導入、大震災のとき、鉄道は?駅の治安維持の現状…、この10年で一変した鉄道のリアルを大暴露!ベストセラー『鉄道員裏物語』の著者が描く鉄道の今。

目次

第1章 鉄道修羅場の事件簿(コンプライアンス徹底で様変わりした―人身事故処理の最新事情;大災害で混乱する鉄道―東日本大震災、その時鉄道は?)
第2章 トラブルの舞台は駅の中(鉄道を悩ませる卑劣な犯罪―時代とともに変わる痴漢事件;必要なとき以外は押さないでほしい―列車非常停止ボタンのトラブル ほか)
第3章 時代と共に変わる鉄道業界(人身事故対策―自殺だけではない人身事故の真実;犯罪の増加と鉄道会社―警察OBを雇用する鉄道 ほか)
第4章 鉄道業界の職業案内(気になるお金の話―鉄道員の年収;鉄道員の就職状況―鉄道員の雇用条件と職場管理 ほか)

著者等紹介

大井良[オオイリョウ]
1971年、神奈川県出身。某大手私鉄に勤務する現役鉄道員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たな

4
飛び込み自殺が発生した場合の対応、311震災の時の首都圏鉄道員の対応、サービス向上とクレームの増加、鉄道会社の経営状況など、いろいろ取り上げられており、細切れ時間に読むには適していた。2016/07/05

Yasutaka Nishimoto

3
震災時の様子や人身事故の対応など、駅員の様子がよく分かる。私鉄だからか、JRのような組合の話は出てこないが、人事、給与の話などよく分かる。もう少し、深くドロドロを期待していたが、全体的に面白く読めた。2022/02/09

華形 満

2
昨今、人身事故による遅延が激増してる気がしたので、現場の声を聞いてみたくて手にした一冊。今も昔も鉄道運営の過酷さは解る気がするが、その質が大幅に現代の鉄道員達の方が辛いのではないか? 私自身も1年ほど前に都内私鉄にて、正に人身事故の当該車両に乗り合わせ、約50分くらい車両内に缶詰にされた経験があるので、事後処理に帆走する鉄道員の苦労は痛い位に分る。そうした現場側面のみならず営業面からの考察もあり、鉄道運営の裏側について知る事が出来て参考になった。2016/06/19

kenitirokikuti

2
次の改札機について。▲紙の切符に二次元バーコードがつくと、切符も非接触型でOKになる。▲改札通過時に通過者に粉を吹きかけると、改札通過した日時情報を通過者に付着できる。いろいろ考えてるなぁ2016/06/03

Abercrombie

1
鉄道職員から見た日本の鉄道業界事情。ぜんぜん楽しそうじゃないなあ。2016/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10999633

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。