脱税のススメ―16年度対応最新税法攻略版 (改訂版)

個数:

脱税のススメ―16年度対応最新税法攻略版 (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 08時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801301351
  • NDC分類 345.19
  • Cコード C0033

内容説明

逆ハーフタックスという税金対策、孫養子で相続税を節税、「タワマン節税」の落とし穴、プライベートカンパニーの設立…など、大小70種以上の手口を収録。2016年までの税法改正に対応。気になるマイナンバー制度も解説。

目次

序章 知っておくべき脱税の基本
第1章 ニュースで読み解く最新脱税事情(宗教団体を隠れ蓑にした―開運商法業者の脱税;落語家など7人を逮捕―寄付を偽装した脱税 ほか)
第2章 発覚率から見る脱税の手口(脱税のスタンダード―収入除外;脱税方法の双璧―経費の仮装 ほか)
第3章 マイナンバー制度で税金はどう変わる?(マイナンバー制度の真の狙いは?;富裕層に甘かった日本の税制 ほか)
第4章 “税金の番人”税務署を知る(税務調査の狙いとは?;どういう納税者が狙われるのか? ほか)
第5章 知れば使える節税対策最前線(節税効果は都市伝説?―タワマン節税の盲点;会社をつくれば資産が守れる―非公開会社の節税策 ほか)

著者等紹介

大村大次郎[オオムラオオジロウ]
1960年生まれ、大阪府出身。主に法人税担当調査官として10年間国税庁に勤務する。現在は経営コンサルタントの傍ら、ビジネス・税金関係の執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。