ワケありな本

個数:

ワケありな本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月18日 09時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801301115
  • NDC分類 019
  • Cコード C0170

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そふぃあ

19
1冊目のエピソードからパンチがあってびっくりした。(『悪魔の詩』サルマン・ラシュディ)最近(2020.10.19)もパリで教師が殺害される事件があって、イスラムに言及するのは本当に命懸けだ。他にも様々な本の逸話や、意外な本についても言及されていたりと面白かった。読みたいものが増えた。2020/09/13

nyanlay

10
時代時代に理由があって、発禁本にされてしまう。なんとなく聞いていたことでもこうやってまとめられると、今の時代は様々な本を手に取る事が出来て幸せだな、と。ただあとがきにあるようにこれから電子書籍が増えていくことに危惧。子供が最初に読む本が電子書籍っていうのは、やっぱり寂しい気がします。2016/02/25

sakai

8
本が問題なのかどうかはその時代によって判断されるもので、たとえば今問題だと言われてる本も何十年後には「こんなことを問題だと言っていたのか」となるのかもしれない。もちろん、ここで紹介されてる本の全てが今は問題ではないとは言いませんが。世の中の賛否両論含めて、後世に残るという意味では、本を出版するって重要なことだと改めて思った。2015/11/29

nekosuke

7
この本もウラ事情があったの?、ウラ事情ってそういうことだったんだ、と発見の多い内容でした。"あらゆる書物は世に出て、人々によって吟味されるべきである"と主張する『アレオパジティカ(ジョン・ミルトン著)』が、最も読んでみたい本でした。2015/12/21

寝覚の朔

5
古今東西、様々な理由で禁書・発禁・逮捕や訴訟沙汰となった本のエピソード。比較的最近まで、ある国では禁じられていた本があったのも驚き。2019/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9993135

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。