本当に危険な立入禁止国家

個数:

本当に危険な立入禁止国家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 22時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801301023
  • NDC分類 302
  • Cコード C0020

内容説明

冷凍庫の中より寒い国、まるごと水没しつつある国、失業率95%の国、世界のどこからも認められていない未承認国家…世界にはあらゆる脅威がひそんでいる。

目次

1章 命の保証ができない国(“冷凍庫の中よりも寒い”サハ;“命にかかわるほど暑い”ジブチ ほか)
2章 犯罪が多発する国(“ギャングが凶悪事件を起こす”エルサルバドル;“「特急誘拐」が多発する”エクアドル ほか)
3章 一触即発の危機にある国(“閉ざされた得体の知れない国”北朝鮮;“圧倒的な暴力に支配される”中央アフリカ ほか)
4章 不気味な緊張がただよう国(“黒魔術が生き続ける”パプアニューギニア;“一見平和な独裁国家”トルクメニスタン ほか)
5章 泥沼の状況にある国(“暴走する国と超過激派が荒ぶる”シリア;“世界最悪の人道危機が続く”スーダン ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

80
また変なの読んでるね!と主人に言われたけど気にしなーい(^^)聞いたことない国?まで出てきたり、何故争いに発展したか短い文章にギュッとわかりやすく書いてありすごく読みやすいし勉強になった。日本って本当に平和で豊かな国だな〜2021/09/18

Hiroki Nishizumi

3
どうしても大げさな表現になりがちだが、実際危なそうな国のオンパレードだな。2020/12/25

K3

2
悲惨な国ばかりだが、幸福度は日本より上という事実2017/05/05

ナツ

2
病気が蔓延していたり、内戦中だったりと理由は様々だが、立ち入り禁止というよりは行ったら危ない国!確かに大使館が無かったり国として日本が認めていない国には行かない方が良さそう!それでも入国してテロリストに殺される人は今後も出てくるだろうと思う。2016/06/18

siomin

1
入国したら安全を確保できない国を紹介した文庫。ムック版もあったはずだが、文庫版ではビジュアル面では劣るのは仕方ないことか。世界の特徴的な国を紹介した本からの転載があるせいか、どっかで読んだことあるぞという話もありました。とはいえ、新型コロナウイルスの影響にも言及しており、最新の話題にも踏み込んでいるのは高評価。シーランド公国の項目もあったけど、「国」と認定してよいのだろうか。2021/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9872690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。