最弱球団―高橋ユニオンズ青春記

個数:
電子版価格 ¥629
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

最弱球団―高橋ユニオンズ青春記

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年03月24日 13時51分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801301016
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0175

内容説明

1954(昭和29)年からわずか三年間、パ・リーグの一員として存在した「高橋ユニオンズ」。1957(昭和32)年に「大映スターズ(現:千葉ロッテマリーンズ)」に吸収合併され消滅した“幻の球団”にして、通算勝率わずか.344という“最弱球団”だ。本書は当時の球団関係者に取材を重ね、今まで顧みられることのなかったユニオンズの全史を明らかにしたものである。

目次

序章 穏やかな秋の昼下がりに―2010(平成22)年
第1章 奇跡の一年目―1954(昭和29)年
第2章 波乱の二年目―1955(昭和30)年
第3章 泥沼の三年目―1956(昭和31)年
第4章 夢幻の四年目―1957(昭和32)年
第5章 それぞれの、その後―
終章 突然の訃報―2011(平成23)年

著者等紹介

長谷川晶一[ハセガワショウイチ]
1970年5月13日生まれ、東京都出身。出版社勤務を経て2003年よりノンフィクション作家に転身。スポーツ、芸能をはじめ幅広いジャンルで取材、執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。