かわら版で読み解く江戸の大事件

個数:

かわら版で読み解く江戸の大事件

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月17日 17時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801300804
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0021

内容説明

天災地変に妖怪出現、庶民の流行や敵討の実態まで…江戸の庶民が夢中になった「かわら版」にはこんなことまで書かれていた!

目次

第1章 かわら版は江戸のタブロイド紙(官製ニュースから庶民のエンターテインメントへ―かわら版のはじまりは「大坂夏の陣」;金の延棒を発見・親孝行の褒美は銀貨5枚―現実を忘れる「大金転がり込み」系ニュース ほか)
第2章 江戸の日本は怪異がいっぱい(人魚・くたべ・アマビエ・そしてスカ屁―商売上手な人面妖怪たち;奥州会津怪獣の絵画―夢の合体怪獣が幼子を襲う ほか)
第3章 天災地変で大騒ぎ(明暦の大火(1657年1月18日)―発端は若い娘の怨念か 死者10万人超
浅間山噴火(1783年7月8日)―襲い来る土石流と降り注ぐ火山灰 ほか)
第4章 かわら版から読み解く江戸庶民の嗜好(娘3人が突然心中 その意外な真相は―お上ですらも手が出せない 個人が「死ぬ自由」;七代目市川團十郎 粋に死出の旅路へ―江戸の庶民が大注目 歌舞伎俳優ニュース ほか)
第5章 異国人と異国文化 そして崩れゆく幕府(黒船来航という大事件―大混乱の幕府 楽しむ庶民;蒸気機関車の模型に熱狂・アメリカ人も力士に驚愕―日米贈物合戦の結末やいかに ほか)

著者等紹介

森田健司[モリタケンジ]
1974年神戸市生まれ。京都大学経済学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間・環境学)。現在、大阪学院大学経済学部准教授。専攻は、社会思想史、日本哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。