封印された日本の地下世界

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

封印された日本の地下世界

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801300736
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0026

内容説明

あなたのすぐそばにあるアナザーワールド。荒れ果てた地下も、最先端を行く地下も、歴史をとどめる地下も、全部見てきました。

目次

1章 荒れ果てた地下世界(“特攻基地の痕跡”鵜原火薬庫;“トンネル内につくられた商店街”隧道マーケット)
2章 最前線を行く地下世界(“ニュートリノ世界初検出の地”スーパーカミオカンデ;“放射性物質の貯蔵実験をする施設”深地層研究センター)
3章 歴史を継承する地下世界(“石の採掘跡に残された巨大な空洞”大谷石地下採掘場跡;“世界遺産になった遺構の数々”石見銀山;“今すぐにも稼動できそうな廃鉱”池島炭鉱;“日本の中心になったかもしれない地下壕”松代大本営跡)
4章 異色の地下世界(“「本当の貴族」たちの棲家”熊襲の穴;“世界有数の透明度を誇る地底湖”龍泉洞;“謎だらけの2層だての地下世界”半田地下壕)

著者等紹介

鹿取茂雄[カトリシゲオ]
昭和52年生まれ。薬品メーカーに勤務し、研究開発業務に従事。酷道の趣味をきっかけに、廃墟や事件現場にも興味を持つようになった。酷道巡りと廃墟探索、事件・事故現場へ急行することがライフワークになっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へへろ~本舗

5
暗くて狭い所は苦手である、さらにそれが下を除くと高い所にあるとかいうパターンは最悪である。鍾乳洞で懲りた。懲りたあまりどこの鍾乳洞だったか名前を忘れた。なのにこの本の筆者はどんどん行くのだ。ヒグマの危険があろうとも、崩落の危険があろうとも穴があるからもぐるのだとばかりに。自分では多分行かないであろう地下世界探訪紀。怖い物みたさで読んでみた!2015/05/21

絵具巻

1
文京区立根津図書館で借りました。2017/11/21

kinaba

1
放置されている廃坑跡への侵入があるかと思えば、観光洞や地下研究施設の見学まで、こだわらずにとにかく地下空間楽しい、というのが伝わってくる紹介で大変よい。涼風荘の洞窟座敷、行ってみたいなあ。2016/11/19

max99

0
別に封印はされていないと思んだけど…。今の時代、スマホで調べたら、大体の情報(山の牧場までも)が写真つきで確認できて、つまらない時代になっじゃったなーなーんて言いがちだけど、いや、探してみれば、ぜんぜん、まだまだ、ワクワクドキドキできそうなところが日本にもあるんだなーって。観光名所から、ツアーから、グレーな地下世界まで読み応えがあって、面白かったなー。気楽な独り者かと思ったら、4人の子持ち。ますます関心しました。洞窟レストランはトリップアドバイザーのレビューをみて笑っちゃいました…。2019/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9716135

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。