台湾はなぜ親日なのか―元駐在員が見た台湾の素顔

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

台湾はなぜ親日なのか―元駐在員が見た台湾の素顔

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月26日 12時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 185p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801300712
  • NDC分類 222.4
  • Cコード C0022

内容説明

東日本大震災への義援金は世界最高額の200億円、日本文化をこよなく愛する親日族、日本の新幹線技術を導入した台湾高速鉄道―なぜ台湾は日本にここまで好意を寄せてくれるのか?日本人が知らない親日の本当の理由が明かされる。

目次

第1章 私が見た戒厳令下の中華民国台湾省(児玉総督の銅像に蒋介石の頭を乗せた国民党政権;日本時代を讃える周維新脳神経外科院長 ほか)
第2章 日本統治時代の台湾(台湾が歩んできた道のり―オランダ占領から台湾を解放した鄭成功の母親は日本人;日本統治時代始まる ほか)
第3章 戦後の台湾―蒋介石政権から陳水扁政権まで(二二八事件がもたらした親日観;日中国交回復と日台断交 ほか)
第4章 現在の台湾―馬英九政権(近代日本を研究する台湾人留学生・江永博さん;台湾の東日本大震災義援金は世界最多の200億円 ほか)

著者等紹介

田代正廣[タシロマサヒロ]
1942年、船橋市生まれ。慶応義塾大学卒業。電子機器会社に勤務。その勤務時代に台湾駐在を体験する。第二の人生を迎えてから、ISO9000及びISO14000の導入等のコンサルタント業務を行う傍ら、「中国王朝4000年の歴史と中華思想」「明治という国家」「台湾と後藤新平の台湾統治」「新渡戸稲造の武士道」等に関する資料収集に励み、調査研究を長年にわたり続けライフワークとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。