文豪たちが書いた泣ける名作短編集

個数:
  • ポイントキャンペーン

文豪たちが書いた泣ける名作短編集

  • 彩図社文芸部【編纂】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 彩図社(2014/09発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)※店舗受取は対象外です。
  • ポイント 25pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 22時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 188p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801300125
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

10人の文豪が描く哀切に満ちたストーリーを集めました。哀しくも切ない小作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベイマックス

71
図書館本。太宰治・新美南吉・有島武郎・横山利一・芥川龍之介・織田作之助・久生十蘭・宮沢賢治・森鴎外・菊池寛の10人の作家の短編集。◎読み終えるのに時間がかかりました。現代作品だと読みながら特殊な環境でなければイメージが湧き、小説世界に入り込めるのだけど、時代が違く風景が浮かんでこないとなかなか小説の世界に入れず、数行読んでは戻って読み返したりと。◎「眉山」・「蜜柑」・「よだかの星」・「高瀬舟」は読んだことあったけど、改めてゆっくり読めてよかった。◎現代とは、奉公とか裁判制度とか色々と違うから、(続く)2020/10/07

ピロ麻呂

44
太宰治、芥川龍之介、宮沢賢治、森鴎外…文豪たちが書いた名作集☆最近はライトな小説ばかり読んでたから、純文学は食わず嫌いしてたけど、いいものはいい!時代を超えて受け継がれていく作品の数々。短編だから読みやすく、あっという間に読めちゃいました(^^)2018/12/04

えっくん

34
★★★☆☆太宰治、新美南吉、森鴎外といった10人の文豪たちが書いた哀切の短編集です。病床で死にゆく妻を看取る夫や、昼夜働き続け過労で亡くなった姉を悼む妹など、肉親の死と向き合う主人公達の悲哀が伝わってきます。芥川龍之介「蜜柑」は幼い弟たちを残し奉公先に単身赴く娘の話ですが、こんな哀しい話が幾つもあったであろう当時の時代を感じます。一番のお気に入りは、菊池寛の「恩讐の彼方に」で主人を殺害した武士が罪滅ぼしのため、出家し絶壁の難所に道を堀り続ける話で、あまりに壮絶な生き方に身がつまされます。ラストは感動です。2017/08/01

じいじ

24
 10人の文豪の短篇を収録したアンソロジー。30年昔に読んだ作品もあったが、さすがの名作で面白かった。太宰治『眉山』は、これぞ短篇の面白さ。有島武郎『火事とポチ』もよかった。子供目線で描かれて、情景描写がいい。「ポチは、妹と弟をのければ僕の一番好きな友達」少年の台詞がカワイイ。「北海道の春は、雪も消えないうちにセカセカとやって来る。」の書き出しの『葡萄蔓の束』久生十蘭がよかった。情景描写も人物描写も独特感があって気に入った。芥川『蜜柑』、横光利一『春は馬車に乗って』、等々すべて紹介するには字数が足りない。2014/12/10

わった

20
泣けはしませんが、名作といううたい文句には納得です。お涙頂戴展開になりそうなところを、感動でとどめ、人間の儚さに目を向けさせる手腕はさすが文豪たち。病人の口が悪かったり、かわいらしいだけではなくてどこか迷惑をかけていたりと、人間が残っていてバランスが取れているからかなぁと感じました。面白かった。2016/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8230770

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。